45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

 両親の仕事を手伝う中、大阪の谷町、東京の芝、神楽坂において、レンタルドレスクチュールメゾンヒサコタカヤマ また神社結婚式のお手伝い和婚ネット運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社でのお手伝いしております。

平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となり。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に応援頂き、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

牛頭天王と天王祭

 品川神社に神職として、登録して頂き、  この五月で1年が経つ。今年の例大祭は、さらに気合いを入れて参加させて頂く所存。その品川神社の例大祭を天王祭とも言う、なぜなのかと色々と調べてみると、「牛頭天王」が出てき…

神仏分離と天井の絵

 神仏分離と言うのが、明治政府に    より発令され、それまで、神仏習合として、同じ場所に、お寺と神社があったものを、寺院と神社に分離し、僧侶と神職に分かれて、運営するようになりました。1868年、明治政府は「…

赤飯

  赤飯の引出物は、よく私が子供の頃   は、見ていた。親が親戚や知り合いの結婚式に行ったと知った時は、赤飯が楽しみだった。最近、ポツポツと引出物に赤飯を加える新郎新婦が出てきた。なかなか赤飯を扱う、…

「朝の来ない夜はない」

 「朝の来ない夜はない。」は、遠山の    金さんの名セリフ。私の大好きな言葉である。『朝』、どんなに暗い暗い夜であっても必ず、明るい新しい朝がやってくる朝は、十月十日と書き、これは、赤ちゃんが、お母さんのお腹…

賀茂別雷神社の立砂(たてずな)

 賀茂別雷神社の立砂(たてずな)     4月19日ちょうど、一週間前に行った、京都の賀茂別雷神社の細殿(拝殿)の前にあった、二つの盛砂が、今だに頭から離れず何を意味するのかを興味を持ち調べてみた。飲食店などで…

恋愛ドラマセラピー

 『恋愛ドラマセラピーで35歳から  の理想の結婚を手に入れる』先日、祝詞勉強会において、お世話になっています、社長様よりご紹介頂き読んだ本です。すごい!「結婚」「パートナーとの出会い」「自分に合った恋愛を引き…

親の子離れ

 親の子離れと言うのは、なかなか難しいものだ、次男が鹿児島の中学校に行き間もなく、3週間。 最近読んだ、論語の文章にその関する文章と思える物を読んだ。子曰わく、之(これ)を愛して能(よ)く労(ろう)することなか…

明治天皇御陵

 先日の大阪國學院の一周年同窓会    において明治天皇陵のご参拝をさせて頂きました。 恥ずかしい話ですが、私は、明治天皇の御祀りされているのは、明治神宮だと 思っていましたので、御陵が関西にある事にびっくりし…

『真の幸福』について

  昨日は、久びりに刺激的なテーマの話に出会った。それは、『真の幸福とはなんだろうか?』という投げかけであった。生きていく中で仕事をしていく中で常に考えていることではあるが、この真の幸福と言う切り口は…

品川神社 春の例祭と葉蘭(はらん)

 昨日は、品川神社の春の例祭でした。御祭りにおいてのお供物の鯛をお供えする際、素焼きの皿にそのまま置くよりもやはり見栄えよくするために、神社境内に生えている「葉蘭(はらん)」を使わせて頂きました。この自然に生え…