45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

 両親の仕事を手伝う中、大阪の谷町、東京の芝、神楽坂において、レンタルドレスクチュールメゾンヒサコタカヤマ また神社結婚式のお手伝い和婚ネット運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社でのお手伝いしております。

平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となり。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に応援頂き、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

大好きな祝詞に、「七曜九曜」と「二十八宿」が出てくる、これって何?

  大好きな祝詞に『天地一切清浄祓』   という祝詞がある。それは、その名の通り、天と地と内外(人)を浄化清める祝詞であります。祝詞の中の天の七曜九曜二十八宿を清め、、とある。七曜九曜(しちようきゅう…

大志を抱く

 夢や自分の一生の志を持つのは、すごく難しい。悩んで悩んで、絞り出すのだと思う。私自身が、志と思える自分の気持ちが確立したのは、40歳でした。志、大志を抱くと言う言葉で、思い出すのはクラーク先生のあの言葉。札幌…

観音菩薩の『観』

 観音菩薩(かんのんぼさつ)、    人々を常に観ていて救いの声(音)があれば瞬く間に救済する、という意味からこの名が付けられたとの事。苦しんでいる者を救う時に千手観音や十一面観音、三十三観音など、様々な姿に身…

赤坂豊川稲荷

 赤坂豊川稲荷さんに参拝に       行かれた事はありますか?江戸時代の大岡越前守忠相公(おおおかえちぜんのかみただすけこう)が日常信仰されていた豊川稲荷のご分霊をお祀りしている、愛知県豊川に本山の有る豊川稲…

地澤臨と咸臨丸、志の御旗を立てて出航するのは今だ!

 地澤臨を学んだ。昨日の易経は、   第十九番、地澤臨(ちたくりん)の時である。この「臨」は、なんとあの幕末の船、咸臨丸に通じる!咸臨丸と云えば、日本人船員で初めて太平洋を横断した軍艦。1860年、日米修好通商…

流し雛と啓蟄(けいちつ)

 流し雛と啓蟄(けいちつ)は、春の訪れを目で知らせてくれる今日この頃。三月三日の雛祭りの後水辺の行事‘巳の日祓い’があります。『源氏物語』須磨の巻に、三月の最初の巳の日(上巳の日)にお祓…

熨斗あわび

 熨斗あわびが、来た!!先般、    外宮前の伊勢せきやさんで、注文した、「熨斗あわび」ここ三年間、伊勢神宮に参拝にいくものの、近鉄電車「伊勢市」の駅を降りて、外宮に向かう参道右手に、あわび専門店の看板を上げて…

せんぐう館で感動した、染色

せんぐう館で感動した、染色 先般、品川神社で伊勢神宮参拝に   伺った際に、外宮の入口横にある、せんぐう館で感動した、神宝に使われている、染色について、書きます。式年遷宮において、神様のご社殿始め、宇治橋から神…

太一

太一、この言葉を先日の品川神社での   伊勢参拝の折に、出会いました。なるほど、伊勢のお白石持ちの際にも目に入っていたように感じるのに、あまり気にも留めていませんでした。それを、伊勢神宮へ行く際のバスの中において、品川神…

感謝する心

   昨日、品川神社の氏子総代の行事  で、遷宮後の外宮において古殿地拝観という、遷宮により新しくなったご社殿の横にある古いご社殿の中を拝観する行事に参加させて頂きました。その移動バスの中で…