45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

 両親の仕事を手伝う中、大阪の谷町、東京の芝、神楽坂において、レンタルドレスクチュールメゾンヒサコタカヤマ また神社結婚式のお手伝い和婚ネット運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社でのお手伝いしております。

平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となり。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に応援頂き、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

八と赤き心

桜の八分咲き、赤き心先日勉強していた中で、日本人
は、「八」という数を重視してい
ました。と読みました。

「八」は、無数、無限という意味
を表します。それゆえ八百万
神といえば、無数の神々という
意味になります。

花に例えると八分咲き、「咲き
も揃わぬ、散りも始めぬ」の
八分咲きであり、これから満開
に向けて進んでいく、英語で
いえば現在進行形です。

この心を弥栄といいます。「いやさか」と結婚式の乾杯の際の
発声にも使われました。

美しい言葉です。

日本の国は、「神ながら言挙(ことあ)げせぬ国」といいます。
言挙げとは、つまらぬ理屈は言わない、清明心(あかきこころ)、真心
を尽くして成り立つ国であります。清明心は、赤き心とも書きます。

赤き心こそ、明るい清らかな心であり、これが神道の道徳的精神であります。

そしてこの清明心、赤き心をどこまでも
尽くしていくことを、「追進」といいます。

神道が大事にしている、「明き浄き正しき直き心」を持って
今日も頑張ります!

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

半玉と芸者

半玉、芸者、芸妓、舞妓、三味線来月のご要望で、芸者さん
二名と三味線一名のご依
頼を頂きました。

先日、「当日は、半玉一名
芸者一名、三味線一名で
伺います、、」とお返事を
頂きました、、、

半玉って?なんですか?
とお聞きしたら、明確な
お答えを頂きました。
関東では、芸子⇒芸者
舞妓⇒半玉と呼ぶとの
ことでした、、

「半玉」って、、半熟玉子
思い出すと言うか想像
してしまいました。

調べて見ると、半玉(はん
ぎょく)とは関東地方を中心とした花柳界における年少芸妓(芸者の
見習い)のことである。とありました。また、他には、「玉代(ぎょくだい)
が、半分の芸妓。」とありました。玉代は、花代。
その他、別名「おしゃく(しばしば雛妓の字があてられる)」「赤襟」。

「半玉さん」の髪型は日本髪で唐人髷または桃割れ、少し大きくなる
と結綿に結ったりもしたという。髪には花かんざしを飾る。

服装は、振袖となる。半玉の間は正式な座敷姿で(白塗り日本髪)
お座敷に出るが、関西の「舞妓」と異なり正式な形であっても裾は
「おはしょり」をしているのが特徴。帯は錦の帯を半玉独特の形
(通称「おしゃく結び」・一般に後見結びと呼ばれるものに近い)に
結ぶ。半襟は紅系統で豪華な刺繍が施され、足元はぽっくり下駄
である。

まとめてみると、
「芸者(女芸者)」、「芸子(げいこ)」と呼ぶのが古い言いかたである
が、明治以降、「芸妓(げいぎ)」という呼名も行われるようになった。

芸妓は多くの場合、一人前の芸妓と見習とに区別されており、
それぞれの名称が地域によって異なる。

● 京都
  お茶や団子を提供する水茶屋で働く茶立女(ちゃたておんな)が
  歌舞伎芝居を真似て三味線や踊りを披露するようになったもの。
  芸妓を「芸妓(げいこ)」、見習を「舞妓(まいこ)」と呼ぶ。

● 東京を中心とする関東地方
  芸妓を「芸者」、見習を「半玉(はんぎょく)」・「雛妓(おしゃく)」などと呼ぶ。

和婚のお仕事をするようになり、日本の文化として、獅子舞や、
大黒舞、恵比寿様、お囃子、等の方々とご縁を頂き、芸者さん、半玉さん
三味線、琴の先生の方、ともご縁を頂き、楽しい限りです。

家族だけの結婚式において、余興の一部を外部の芸人さんに手伝って
もらうのも、親族が楽しめる結婚式になっているように思います。

今日は、朝からなかなかパソコンの前におれずに、今のブログアップに
なりました。今週も頑張ります!

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

親子の間

親子、伊勢内宮昨日は、伊勢五十鈴川畔の
内宮にて参拝しました、参拝後
その清々しさの気持ちを与えて
頂いた事にひたすら感謝の念。
また、今ここにいる私を感謝す
ると、今、会社店舗にいる社員
に感謝、今まで育てて下さった
親に感謝しました。
そんな時に思い出した、親子の
間(おやこのあいだ)の関係は、
社会人としての、上司と部下と
の間の関係に似ていると最近
本にて読んだ事。
ウチの会社のような、少人数の
10名強の会社は、家族と同じ
である。社長が父である、ならば
伊勢内宮、五十鈴川
社員は、子供。上司が親なら
ば、部下は、子供。
しっかりとコニュニケーションを
取れる中でいたいものです。
親は、無償の愛、見返りを求め
ない愛を注ぎ続ける努力を行い
それは、徳を厚く積まないと行け
ません。子は、「孝」、親に心配
かけさせることなく、顔色を作り。
笑顔で、挨拶ができ、仕事を
通じて、人間を磨けるように
努力を積む。
家の中は、孝、家を出たら、弟
論語が教えるこの言葉は、
奥深い。「弟」は、「忠」に通じる
親子の会話が出来る家にして
伊勢内宮、五十鈴川、新鳥居
いかないといけない。
社長と社員、上司と部下、其々
が、自分の立場を理解し、同時
に相手の立場を理解して、会話
しないと行けない。
相手の思う気持ちである。
相手の気持ちを自分の胸に
しまいながら、思いも伝える。
昔から云う、「修身斉家治国
平天下 しゅうしんせいかち
こくへいてんか」
自分を修めないと、家が
斉(ととの)えることが出来ない
のである。 自分を修める事を、日々三省しないと、成長できない。
今日、私が話した、話方は、正しかったか? ちゃんと相手の気持
ちも理解して話できたか? 嘘(うそ)、偽り(いつわり)は、ないか?
人生の折り返し50年、しっかりと日々を積み重ねて行けるように
一日、一日を送りたい。五十鈴川の川のせせらぎにて
心を鎮めて、思い浮かんだこと。
今日は、大安、秋晴れ、頑張ろう。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

猿田彦神社

猿田彦神社伊勢の宇治山田内宮のそば
にある、猿田彦神社。
私が小学校三年生の時に
(今から37年前昭和52年)
両親に連れられて初めて
きた神社、その頃の日を
今だに思い出します。

交通事故や怪我が多い
私の守り神として、母が
探してくれた神社、この神社
は、あんたの守り神やから
ずっと行くんやで、、、
と小学校四年生からお守り
を身につけて来ました。

大学受験の18歳からは、
猿田彦神社
毎年正月にお参りに行き
今年の正月で、28年に
なります。

その猿田彦神社の遷座祭
にお招き頂き、昨日は、
参列致しました、真っ暗闇
の中、神職約70名ぐらい
で行われました。盾や鉾
弓、弓矢、絹傘、等を持っ
た姿、歩いている際は、
低頭しているために見れ
ませんが、厳粛な中を玉
砂利を歩く音、おーーと
言う声だけが、響いてい
ました。

猿田彦神社は、日本神話「天孫降臨」で、邇邇芸尊(ニニギノミコト)ら
を先導し道先案内をしたとされる猿田彦大神と、その子孫で現在の
伊勢神宮の地を倭姫命(ヤマトヒメノミコト)に献上した大田命
(オオタノミコト)を祭る同神社になります。

今回の遷座祭は、ご本殿の耐震工事を完了し、神様の御霊をご本殿
に戻す遷座です。

遷座祭の後は、やはりご本殿が静かに、清らかにお鎮まりになられて
いるのをすごく感じました。
私の一生の内に、こんな大きなお祭りに参加出来る事はもうない
と感じます。本当に参加できてよかったです。

会社の皆様、ありがとうございます。今日は、伊勢の内宮外宮において
グループ会社全ての繁栄とスタッフの皆の幸せ、健康をお祈りし
国の安定、平和を祈念致します。

今日も一日頑張ります。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日本の美徳

日本のあいさつ先日、新宿伊勢丹のショー
ウインドーに飾られた挨拶
の言葉の数々、あんな
一等地のショーウインドー
にデカデカと挨拶言葉だ
けで、何が表現したいの
かな?と興味を持ち
ました。

調べてみると、テーマが、
「日本の美徳」、「おもて
なしの心」。

普段使いなれた美しい
日本語のキーワードを
通して表現しているとの
こんにちは、ごきげんよう、事。

改めて、食事の際の言葉
「いただきます」
山や人の頭の一番高い所
を「頂(いただき)」と言うよう
に、本来は頭上に載せる
意味なのだそうです。神様
にお供えした物を食べる時
や、位の高い方から物を受
取る時に、頭の上にかがげ
たことから、「もらう」「飲食を
する」の謙譲語として「いた
だく」が使われ、食事の前
の挨拶になったとされて
います。

「ごちそうさま」
「御馳走」のその文字が示すとおり、馬を走らせ、駆け回って、各地から
食材を取り寄せ、料理に腕をふるったことからきていると言われて
います。おもてなしを受けた側は最大限の感謝を込めて「ご馳走様」
と言ったとされています。

また、挨拶の言葉、「こんにちは」、「ごきげんよう」もとても美しい。

「ごきげんよう」
「ごきげんよう」は、「ご機嫌」+「よう」に分けられます。「機嫌」には気分
様子・安否の意味があります。「よう」は「良く」が変化した語で、その二つ
が一緒になることで、「ご機嫌よくお過ごしください」といった意味になり、
相手の健康や気持ちを気遣うニュアンスが込められています。l

日頃使っている言葉を再認識するのは、とても良いキッカケと思いました
「頂きます」も「ごちそうさま」も「ごきげんよう」もどんどんと気持ちを
感情を込めて使っていける。

日本の美徳は、言葉につまっている。相手への「ねぎらい」「きづかい」
が言葉の隅々に入っているのが、本当に美しいと思う。
意味も含めて、次世代に伝えて行きたい。

今日も一日爽やかに、元気に頑張ろう!

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

創業40周年を目指す

研修日、40年、論語、昨日は、月一度の研修日、
午前中は、日本の結婚式
の歴史とホテルウエディ
ングを勉強しました。

担当の店長もしっかりと
資料を作成し、良い研修
内容だっと思います。

午後は、各チーム、メイク
チーム、カメラチーム、
プランナーチームに分か
れて研修をしました。

私は、プランナーチーム
に加わり、来年6月創業
15周年を迎えるにあたり、グループ創業の地、大阪に社員全員で
行き、方針会を行いたい! その際に、2040年創業40周年の
時には、こんな会社になりたい!ということを一緒に考えました。

論語で言う、「吾十有五にして、学を志し、三十にして立ち、四十
にして惑わず、五十にして天命を知り、六十にして耳従い、七十
にして心の欲する所に従えどものりを越えず。」と有るのは、
なんや、人の人生だけでなく、会社の成長もおんなじや!

まだウチの会社は、15年、つまり、学を志し、いわゆる、経営理念
や経営目的を再度、見なおして、志を練りなおし、同じ目当てに向かい
努力することを再度、スタートしたい、創業の気持ちに帰り、
スタートの年としたい。

振り返り20年、私が社会人として、始まって、まだ24年。
あっと言う間、これからの25年をあっと言う間にまた過ごすと
すると、創業40年まで、直ぐーー

新幹線が50年、東京オリンピックから50年、うかいさん50年と
阿部BMWさん50周年と50年続きのお祝い事が、周りにあり、
それぞれの歴史を聞いていると40年の時に形になったと聞く、
まずは、創業40年前の計を立てて、創業15周年を大阪で
やる! と話になりました。 2040年、平成52年、の目標、
夢をたてて、スタート!

今日もそんなテンションで、明るく頑張ります!

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

潜在意識

潜在意識の活用昨日は、潜在意識の可能性
潜在意識の活用をもっと
もっとすると必ず夢は、達成
し、心身共に元気になり、
幸せになるよ。と言う教えを
学びました。

潜在意識は、心の中にあり、
右の図の大きな氷が、心と
したならば、日常的に私達
が、理解している心は、氷山
の一角、図の海面の上に
見えている部分の心でしか
なく、海面の下に、潜在意識
という、心の大部分として
ある、意識されていない存在
の心がある。

具体的に考えてみると、私達が寝ている間にも心臓や肺、内臓の機能は
動いている。私達が指示をしないでも動いている。これは、潜在意識が
動かしている。

また、明日の朝は、四時半に起きる!と寝る前に、起きる、起きると
繰り返しながら寝ると、四時半前には、目が覚める。この現象も
実は、自分の潜在意識が、働いてくれている。

本には、六つの潜在意識の機能が書かれていました。
第一に、潜在意識は、四六時中休むことなく活動を続けている。

第二に、潜在意識は、同時に多くの活動を平行しておこなうことができる。

第三に、潜在意識は、個人が体験したすべてのものを吸収してそれを将来
の使用に備えて記憶している。またそれはわれわれの先祖の経験した
知識も全部貯えている。

第四に、潜在意識は、意識する心が指令を発すれば、潜在意識はどんな
ことでも素直に受け入れる。そしてそれに従順に奉仕する。
つまり、潜在意識は、私達の欲するあらゆることを実現させる偉大な力を
内臓している。、
⇒ なるべく明るい善いことだけを考え、意識することが大事。

第五に、潜在意識は、考える機能がある。日常生活において、考えあぐねた
ことがあったら、それを自分の潜在意識にたずねて解答を求めると、
しばらくすると潜在意識から解答がとどけられる。

第六に、潜在意識は、わたしたちの感覚器官を全くたよらず、別の方法で
外界との交渉をおこなうことができる。
⇒ 具体的には、「以心伝心」や「第六感」、「虫の知らせ」などと言われる
  機能である。

この潜在意識は、使えば使うほど湧きでてくる無限の泉、その泉が、
わたしたちの体内に存在する。これが人間の真価であると認識する。

潜在意識を最大限に使用し、自分の夢を実現したいと思う。
夢を書き上げ、絵に具体的に書いてみるのが大事とも学んだ、

どんどんとエネルギーが湧いてきた!
今日も一日がんばろう!

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ご縁

神仏より授かる、昨日は、父と二人で、昨年
夏に他界した、祖母の納骨
の為に墓へ行きました。

納骨と言っても、本体の骨
は、葬儀後四十九日法要
の時に納骨している。
いわゆるお墓の墓石の下
には、もう入れている。

今回は、納骨堂に、小さい
喉仏を中心にした、大事な
部分を一周期を終えたので、
長男である父と、その長男
である、私が納骨しに行きました。

先日、NHKの特集で、「墓じまい」「墓石の不法投棄」が、問題とされて
いました。少子化や未婚、子供は娘達だけで、家を継ぐ者がいない等
の問題で、代々の墓は、あるが、「墓じまい」をするとのことです。

「墓」の意味は、なんなのか? 「お彼岸の日には、墓参り」と親に連れ
られてよく墓参りに行きました。 「墓」には、家族の家、家長制度、血族
の継続、自分のルーツの確認と自分の今の感謝、今自分があるのは、
やはり御先祖の皆様のお陰であると感謝する為などが、あるように思います。

自分自身が子供を授かり、育て、将来その子供が、独立することを感じ
だすと、自分達自身が、大切に育てられてきたことを子供を見ながら、
両親への感謝、祖先への感謝を感じます。

日々、人としての向上、人間としての成長、魂、波長の向上を考えると
人とのご縁が、限りなく必要に感じます。その人とのご縁は、どのように
して授かるのか? 

哲学者であり、教育者である森信三先生の言葉に、

「人間は一生のうち会うべき人には必ず逢える。
しかも一瞬も早過ぎず、一瞬も遅過ぎない時に。
しかし、縁は求めざるには生ぜず。
内に求める心なくんば、たとえその人の面前にありとも、
ついに縁を生ずるに至らずと知るべし」

この縁は、私は、神仏より授かっているように感じるのです。
「会えるべきひとに必ず逢える」と言う力は、御先祖より、神様より
授かると思います。

人とのご縁は、誕生、結婚、葬儀、という人生においての三つの節目
と繋がると感じるからです。

この三つの節目を大切にすること、先祖を大切にすること、神棚を
大切にすること、すべてご縁、自分自身の成長できるチャンスです。
継続していきたいと思います。

今日も朝日の爽やかな、大阪の朝! 沢山のエネルギーを天より頂き、
今日も頑張ります。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロの仕事

本手書き友禅、京都昨日は、京都にて、日本の
結婚式を守る会代表並び
に、本手書き友禅の作家で
ある、秋山先生とのお時間
を頂き、お話をさせて頂く
機会を得ました。

京都における伝統技法、本
手書き友禅の打掛製作期間
は、一着約800日~900日。

それは、デザイン校正、色合
いの決定から、染め上がり
までの20以上の行程を踏み
ます。秋山先生以下、10名
の職人のチームワークで
おしるこ一着の打掛を作品として世
に出すわけです。

その職人の方々は、もう65
年間、秋山章先生について、
仕事をされてきました。職人
の家四代に渡りされている
職人の家族もあるとのこと。

物を作る行程の中では、白い
絹羽二重の布に下絵を描く
職人、絵を染めていく中で糊
で染め分けを作る職人、
金箔を張り付ける、焼き付
ける、職人。これらの職人
プロの集まりで、一着の打掛
が完成します。

これは、我々の仕事においては、一つの結婚式(挙式+披露宴)を
チームワークで作り上げるのと同じだなと感じました。

同じ目当てに、つまり新郎新婦様からご両親、ご両祖父母、兄妹全て
の人に幸せな時間と空間を共有して頂きたい。という、目標に向かう中。
当日は、挙式を司る司祭(牧師や神職)、カメラマン、ヘアメイク、
披露宴においての介添え、音響担当、司会者そしてプランナー
のプロチームでの仕事です。

秋山先生曰く、「『仕事に(人が)就く』と言いますが、
あれば、違う、『人に仕事が、来る、就く』のです。」

我々のような職人の集まり、プロの集団は、時に自分の仕事に酔って
しまい、自分本位になってしまいます。これでは、チームワークが乱れ
ます。しっかりとした仕事をチームワークでするには、一人ひとりの
まず、人間性が、その人の魂の向上が必要となります。

「つまり、その人の魂が向上した時に、仕事が就いてくる、付いてくる」
のです。

結婚式に例えるとすると、新郎新婦様とご縁を頂き、本当に、神様からの
ご縁を頂き、この新郎新婦と出会い、ヘアメイクをさせて頂いている、
カメラマンとして写真撮影をさせて頂いている、この感謝の気持ちを持って
出会いに感謝できる人間、人となって初めて、プロの仕事となる、

そのプロの集団で、仕事が完成されて、初めて、新郎新婦に喜んで
頂けるのだと確信しました。

仕事に就くのではなく、人に仕事が就く

改めて、仕事の姿勢とチームの心を一緒に向上したいと思いました。
神に与えられた仕事、天職、
その仕事に付ける喜びと感謝を神、そして新郎新婦に捧げ
その仕事に相応しい人間に、魂に向上する。

プロの仕事には、魂の、心の向上が必要です。
今日からまた、精進をしてまいります。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コンパクト結納

コンパクト結納、ベア昨日は、突然のご来店で、
結納ご希望のお客様に
お越し頂けました。

新郎に当たる、男性とお父様
来月上旬に、結納をされると
の事でした。

「おめでとうございます!、花
嫁にあたる女性は、どこの方
ですか?」
「大阪の南のほうです。」

なるほど、大阪の南の方で
シンプル結納、友白髪、高砂あれば、『結納ぐらいは、しな
さい!!』と言う地域になる。
あの有名な仁徳天皇陵のお膝
元にあたる、結納文化発祥の
地になります。

結納の歴史を紐解くと、四世紀
から五世紀頃、仁徳天皇の時
代に起源がさかのぼり、起源と
なります。

仁徳天皇の皇太子(のちの履
中天皇)が黒媛を妃に迎える
時に贈り物(納采)を贈ったこと
が最初とされ、宮中儀礼の
「納采の儀」として脈々と受け
継がれています。

我々、庶民の間にまで広まったのは、江戸時代末期から明治初期だと
言われています。 その語源は、「結いもの」や「云納(いい入れ)」と
いう婚姻を申し込む言葉が転じたものとも言われています。

今回は、ホテルの和食(洋室)にて、結納式を行われるとのこと
また、地域色は、出さずにシンプルに行いたいとの事なので、
シンプルな結納としては、上の写真二つになるが、もっともシンプルが
上のコンパクト結納という結納セットになります。と案内しました。

結納は、両家、「家と家との結びつき」を象徴する儀式、新婦となる
女性を育ててきた両親の気持ちを忖度すると『結納』は、やはりして欲しい
のだと思います。「結納を交わす」と言う行為が、
「先方の家(男性側)から自分の娘を大切に
迎え入れようという気持ち」として女性の家に
伝わるのたと思います。

このコンパクト結納は、何がコンパクトかというと、いわゆる従来の
目録、受書というものもなく、写真下のような松竹梅の水引飾りもなく
現代風にもっとも主旨としての「結納金」「結婚指輪」「末廣」「熨斗」が
男性側から女性側に渡されるようになっています。

結納返しも行われません。

ただ、このコンパクト結納セットの良いのは、友白髪という、従来の
高砂の人形が、二体のベアになっている所。新婚生活の中で、男女が
出発する日は、このベアをみると感じられると思うからです。

入籍後は、家のピアノの上にベアを並べると男性は、おっしゃっていました
そこまで、結納後のことまでこの結納品の置き場を考えて下さることに
喜びを覚えました。

結婚が決まり、「結納金」の授受も省略されていく中、両家の親の気持ちを
反映させて、両家の結びつきを深め、結婚の決心を固める儀式として、
『結納』は、残していきたい日本の文化のように思います。

どうぞ、末永くお幸せに家族を作って頂きたいと祈念致します。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)