45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

 両親の仕事を手伝う中、大阪の谷町、東京の芝、神楽坂において、レンタルドレスクチュールメゾンヒサコタカヤマ また神社結婚式のお手伝い和婚ネット運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社でのお手伝いしております。

平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となり。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に応援頂き、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

物作りの背景

 
今回、大阪で行った妹の会社経営    
    
方針会の機会を使い、新人研修の
一環として、久し振りに妹、弟の
会社、物作りの現場に新人を
連れて、足を運んだ。

私自身、大学を出て、銀行に行き
実家の稼業を継ぐと言う形で、
大阪に戻り、父の会社、製造卸
紳士服アパレルの会社に入り
最初は、物作りを勉強するために、
生産部に入った。

物を企画し、生産し、卸として
小売業者へ出荷する。出荷された          
紳士服を売り場に展示し、少しで
も良さがわかるように、ポップや
チラシ、服には、説明のタグを
作り、顧客に伝わる、紳士服を
探しに来たお客様が、この服の
どこが良く、違いがあるのか?
着やすい服なのか?
また、紳士服フォーマルなので
TPOに合わせた、小物アクセサ
リーのコーディネイトなど良く
考えた

このタキシードに似合う蝶ネクタイ
ベスト、カマーバンド、また、              
法事にも使えるシルバータイ、
結婚式のモーニングネクタイ
当時は、良く、結婚式の現場
つまり、ホテルや式場の入口に
行き、実際結婚式では、どんな
着こなしをしているのか?
などを、コーディネイトの写真を
撮影させて頂き、研究した。

型紙においては、当時流行って
いた、BOSSのスーツやアルマー
ニ、ベルサーチのスーツを購入
して、分解し、型紙の研究、
芯地の研究、裏地、釦、まで             
研究した。

型紙は、ブリティッシュの細見
のスーツ、肩のライン。
フレンチ、イタリアンのスーツ
色々と研究した。

物作りは、本当に楽しい、ただ
厳しい、それは、流行の変遷
人間の体系の変化、常に
研究が必要だった。
現在は、妹が、ウエディング
ドレスの製造、弟が、紳士服             
の製造を続けてくれている。
物作りが原点の家業である。

妹、弟が製造してくれたドレス
やタキシードを使って結婚式
場を始め早14年目に突入!
洋装ばかりの会社が、今は
和装の結婚式!の割合が
多くなった。

物作りに於いて学ん
だ、魂の入った服、
着る人が幸せにそして夢を形にする事。
結婚式において表現したいと思う。