45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

 両親の仕事を手伝う中、大阪の谷町、東京の芝、神楽坂において、レンタルドレスクチュールメゾンヒサコタカヤマ また神社結婚式のお手伝い和婚ネット運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社でのお手伝いしております。

平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となり。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に応援頂き、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

芝とうふ屋うかいで結納

 
人気レストラン,とうふ屋うかい   
にて結納がありました。
最近本当に、減った結納式です
が、とても雰囲気良く良い結納
でした。
結婚する男性女性にとっては、
「結納しなさいと親に言われて」
とご相談に来られるカップルが
ほとんどです。結納は、確かに、
両家の親のとっては、とても
切な節目になる儀式なのです。

「子を授かり」、親として手塩に
掛けて、育ててきた我子。
ある日突然、好きな人がいます
連れてきた男性の元に嫁が
せる訳ですから、親として
けじめ、節目を作るには、
やはり結納なのだと思います。

神前式をお手伝いしていると
新郎新婦の主体の結婚式
ではあるが、やはり家と家の
結婚式であることをすごく
感じます。特に親族固め         

、また親族代表に
よる玉串奉奠などの
神事が、両家の絆を作って
いるものとすごく感じます。

結納の起源は、1400年前の
仁徳天皇の時代までさかのぼり
ます。日本書紀には、仁徳天皇
の皇太子(後の履中天皇)が、
羽田矢代宿禰の娘、黒媛を妃
とされた時に納采が贈られまし
た。これが現在の結納にあたり
ます。
  

納の作法が整えられたのは            
室町時代小笠原家などによって
行われました。当時は公家や
武家の間のみで行われ、庶民に
とっては結婚式を挙げる習慣
すら特になかったので結納は
別世界のものでありました。

明治になり広く現在の形に
なり、庶民に広がったようです。 両家の顔合わせをする形の一つに、結納を
やっている家族も多いです。結納品と一緒に結納金(帯料、袴料)を交換し、親が、
納得した、認めた、結婚式を迎えるというのもやはり大切な節目作りと考えます。

目録を読み、受書を読む、父親は、ドキドキと緊張の時間を過ごすようです
がそれが、また良いのだと思います。両家の兄弟も一緒に参加の結納
とても楽しそうな家族でした。

一つ一つの儀式には、やはり意味があり、長い
夫婦生活の歴史を作ってくれます。
今、また結納の事、考える時かもしれません。