45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

 両親の仕事を手伝う中、大阪の谷町、東京の芝、神楽坂において、レンタルドレスクチュールメゾンヒサコタカヤマ また神社結婚式のお手伝い和婚ネット運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社でのお手伝いしております。

平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となり。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に応援頂き、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

三献の儀(三三九度)にて、恩頼(みたまのふゆ)を頂く。

先日、ブライダルフェアの接客において、お客様から神前結婚式の式次第の説明をしていて、
お客様が、疑問に思われたこと。

三献の儀(さんこんのぎ
:三三九度)において、神様
のお酒、お神酒を頂き神様
より恩頼(みたまのふゆ)
を頂きます。
『みたまのふゆ???』

まず、一献から説明をします。
一献は、正式な場において、
三つの杯で一杯ずつ飲むこと
三献は、これを三回繰り返す。

三三九度は、三種類の杯で、
一献づつ行い、三献を行う
から九杯頂く。

三三九度の歴史的には、
だいたい室町時代に、武家
礼法によってその基礎が
できたとされ、しかもこの頃は
結婚式だけではなく他の
おめでたい儀式の時にも
三三九度が行われていた
ようです。

神話の中に、スサノオミコト           
が、ヤマタノオロチに酒を
飲ませて退治したことが
出てきます。これは、
酒(サケ)」の語源が、
「栄え」の意味のほかに
邪気を「避け」るの意味
があるからだと言われて
います。

神前式において、三三九度に
使う酒は、「夫婦固めの盃」
そして「親族固めの盃」
に使用します。 これは、
新郎新婦だけでなく
両家が同じ身内になる
ことによりその繁栄を
祈る意味が込められて
います。

酒は、ご神前にお供えされて
酒から、お神酒(おみき)、                 
神様の御霊の入った酒へと
変わります。

この神様の御霊の入った酒を
頂くことにより恩頼を頂くのです

恩頼(みたまのふゆ)とは、           
皇神や天皇の霊威による恩恵を常に
こうむっているという古来の信仰を
表現した語。
ミタマは霊魂、フユは「触る」「振り」
「殖ゆ」の意味で、尊貴ま霊魂に
接触することでミタマの力が加護
増殖される意と解釈される。

『日本書記』には、オオナムチ、
スクナビコのはたらきで、療病、
まじないの法が伝えられ、
人々が恩頼をこうむっていると
いう記載がある。景行紀に
ヤマトタケルは「頼皇霊之威
(みたまのふゆにより)
て熊襲国を撃ったとある。


神前式において、神の恩頼(みたまのふゆ)を頂き、末永く良き家庭を築いて頂きたいです。