スタッフブログ

昔に入った保険ってそのままでいいの?

若いときに親に言われるがまま、親の知り合いの保険屋さんが進める保険に入りました。
その頃は20代だったので保険なんて興味もないし、元気だし、病気になるなんて考えたこともなかった、ましてや老後の事なんて想像もできませんでした。

自慢じゃありませんが、どんな内容の保険なのか? 
詳しい内容もよくわかりません。

いまのところ独身で結婚する予定もありません。(そろそろ結婚したい気持ちはあるけれど…)

最近はお給料もあまり上がらない中で毎月20,000円近く支払っている保険料はちょっと厳しくなってきました。

 

現在のライフスタイルに合っているか?

そもそも、昔に入った保険が「良いか?」「悪いか?」というよりも現在の生活に合っているかどうかが問題だと思います。

長く務めているけど、お給料は少ししか上がっていない。
働き方改革の影響で、残業が減り収入も激減した方もいるなんて話も聞いたことがある。

そして、結婚したいのでお金を貯めている。結婚して子供が生まれた。
など、私たちの生活は常に変化していきます。

ですから変化に対応する必要があると思います。

携帯電話でいえば、10年前にスマートフォンが登場してから多くの方スマートフォンに変更したのではないでしょうか? 
流行りだけではなく、時代の変化に合っていたからだと思います。自動車や洋服、家具や家電なども一緒でしょう。

そう考えると、自身の生活の変化や時代の変化に保険もある程度対応する必要があると思います。

保険も、医療進化、社会背景の変化とともに様々な商品が出ていますので、現在の生活スタイルに合わせた保険を選ぶことも大切です。

家族が増えた時など、一時的に大きな保障が必要な生活もあれば、
小さな保障で節約しても良い生活スタイルもあると思うし、もしかしたら保険に入るよりも貯蓄にまわした方が良いという考え方もあると思います。
さらに、保険は昔に入ったものの方が良いというものもあるので、最新のものに惑わされないようにすることも大切です。

 

現在の状況にあっていないと対応出来ないかも

医療技術は日々変化していく中で、医療保険も進化していています。以前は満足にいく保障であったものでも、現在では少し不安を感じるようなこともあります。

1つ目は、病気やケガで入院した場合、

以前は、「5日以上の入院で1日目から給付」や「5日以上の入院で5日目から給付」など「5日目」という縛りがありました。
これを「入院日数の免責」といって「4日間は自分で自己負担してね。」というものがありました。

ですが、最近の医療保険は、1日目から給されるものがほとんどです。
しかも、日帰り入院に対応していたり、1日の入院で5日分(又は10日分)の入院費が支払われるものもあります。

2つ目は、手術した場合

手術給付金の支払対象となる手術の種類です。以前は、保険会社の定めた88種類の手術でなければ手術給付金が支払われませんでしたが、
現在では、88種類の手術の他に公的医療保険制度の定める手術(約1,000種類)対象になっています。

また、こちらは医療の進歩により公的医療保険の追加される手術にも連動していくので、対象となる手術の種類が固定されず新しい手術にも対応していけるメリットがあります。

3つ目は、先進医療

先進医療とは、厚生労働大臣が定める高度な医療技術で、先進医療には100種類程度あるといわれています。
一般の保険診療の場合と比べて、「先進医療に係る費用」は全額自己負担することになります。
高額なものは放射線治療で300万円ぐらいするものもあります。
昔の医療保険には先進医療がついていないものもあるかも知れません。

以上のように、現在の生活スタイルやこれからの事、をきちんと考えた上で確認が必要だと思います。

 

確認が必要

現在の生活スタイルに合っていればいるのであれば、そのままの保険を続けていくと良いと思います。
もし現状に合っていないのであれば再検討した方が良いと思います。

注意点として、これまでの人生の中で入院などしたことがある方、
現在治療中の方は、入れないこともあるのでもし入り変える場合には注意が必要です。

 

無駄な出費は抑えたい

保険は「お守り」と考えていて、「入っていると安心でそのまま入っている」という方もいるかもしれません。ですがお守りであっても、今の生活スタイルに必要が無い物、生活に負担をかけている物にお金をかける必要はないと思います。

一時的に大きな保障が必要な時期であれば、保険が有効かも知れませんが、場合によっては貯蓄のほうが良い場合もあります。

保険は万能ではありませんのでの強みと弱みも一緒に考えていく必要があります。

 

定期的な見直しが必要ですね

保険は、多くの人にとって人生で2番目に高い買い物とよく言われています。生命保険文化センターが発表している「生命保険に関する全国実態調査(平成30年調査)」によると、日本人の生命保険加入率は約90%で、世帯年間払込保険料は38万円(月3〜4万円の計算)とのことです。

ところが、加入保険内容に関して何かしらの課題を持っている人の割合は、63.3%もいるとのことです(同調査)現在のライフスタイルに合っているか? 良い悪いでは無く自分に合っているか?

信頼できる保険を相談できる保険屋さんを見つけて相談してみてください。

あなたの保険は「想い」が活かされていますか?
むさしの保険の相談室では証券診断を行っていますのでご相談ください。
https://musashino-hoken.com/

 

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)