スタッフブログ

秩父のお葬式と家族葬、手元供養について

こんにちは。

 埼玉県秩父市と小鹿野町でお葬式のお手伝いをしています。

 終活に取り組む方を応援している会社

 秩父のお葬式相談室「むさしの」の高橋です。

 

本日はスタッフのメルマガを紹介します。

 

葬儀19年生のメルマガ
~19年間で1,000件のお葬式をお手伝いし、
お寺からも選ばれる「葬儀アドバイザー」がお伝えしたいこと~



皆さまこんにちは。
いつもありがとうございます。
秩父の葬儀社むさしの宮前です。



今、秩父では羊山公園の桜が見頃だそうです。

私も毎年行ってますが、とても綺麗ですし、

外でいただく食べ物と飲み物もとても美味しいです。

近くに来た方は、是非行ってみて下さい。




さて今回は、「手元供養」について書きたいと思います。




手元供養(てもとくよう)とは、

故人様の骨を供養の対象としたもので、

自宅供養(じたくくよう)とも言います。



手元供養には、2つの方法があります。

1つは、お骨のすべてを自宅で保管する方法、もう1つは墓地に

納骨したうえで、一部自宅で保管する方法です。



一部保管する方法の種類としては、仏壇の中や身近な場所に置いて

供養する事が出来る小さな骨壺や、アクセサリーとして、ペンダントなど

いつも体に身に着けて供養するものもあります。



亡くなった方をいつも身近に感じたい、

いつも近くにいてほしいと言う気持ちは

ご家族の正直な気持ちではないかと思います。


現在は、色々な供養の仕方があるようです。





少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです。





≪追伸≫

4月より男性の制服が新しくなりました。

そして5月より女性の制服がしくなります。

新入社員も入り、制服も変わり

新たな気持ちで私自身、気を引き締めていきたいと思います。





最後までお読み頂きありがとうございます。







秩父の葬儀社むさしの
葬儀アドバイザー

宮前 誠(みやまえ まこと)
info@musashino-life.jp
https://www.facebook.com/makoto.miyamae.50

 

 

 ”むさしの会館”のLINE@はじめました!

 

お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

https://line.me/R/ti/p/%40musashino-kaikan

 

 

秩父の葬儀社「むさしの」の高橋でした

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)