スタッフブログ

友禅色打掛け

友禅の色打掛けのこの着物、ずっと眺めていても飽きません

友禅 ブログ川崎

こちらは、和婚ネットの芝店にある友禅の着物の中で一番好きな着物です

 

友禅とは、布に模様を染める技法のひとつで、日本の最も代表的な

染色法です。

友禅の着物が出来上がるまでには何工程もの作業があります。

①着物に下絵を描く

②下絵の線の上にの時に染めた色同士が混ざらないよう一定の太さの線で

 輪郭線を描く

 この線を【糸目】といい、染色後にも模様の輪郭に糸目状の白い線が残るのが

 友禅染の大きな特徴なのだそうです。

③「色挿し」 染料の染め付け

  色が混ざらないように、一つの色を染めて乾かした後に、

 次の色を染めるのだそう。

④生地に染料を定着させるため、蒸気をあてて蒸す

⑤「地染め」着物全体の色を染める

 すでに染めた模様部分全部を丁寧に防染剤で覆ってから、着物の地を染める。

⑥水のきれいな川で余分な染料を落とす

 これが有名な【友禅流し】です。

図案によってはこの工程が更に数回繰り返されて出来上がるそうです。

最後に細かい部分の仕上げ。金泥、箔、刺繍なども施されます。

 

IMG_4075

本当に一枚の絵そのものです。

袖から背中から裾まで、全部全部つながっています。

こんなざっくりな工程を知るだけでも、友禅が高級な理由が

わかりますね。

 

image2

 

ダイナミックでのびやかな構図と、色鮮やかなこの友禅は

芯の強い女性を表現しているような気がします。

私もこんな素敵な女性になりたいなと思わせてくれる、素敵な素敵な

友禅の着物ですよ

 

是非、お店に実物を見にいらしてください!

 

和婚ネット 芝店の川崎でした。

 

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)