スタッフブログ

ジューンブライド(june bride)

こんにちは!

6月も中旬となり、梅雨も一旦は落ち着いていますね

よくジューンブライドという言葉を聞きます。

この時期になるとテレビや雑誌は結婚式特集なんか良くやっていますよね!

ただ6月って実際そんな忙しくないんです

実際私の会社も6月は梅雨の影響で結婚式は減ります。

ではなぜ日本では梅雨で湿気も多いこの時期に結婚式が多く宣伝されるのでしょう?

それは3つの由来があります

1つ目

女神「JUNO」説 6月の月名である「JUNE」と、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来しており、6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝えです。

2つ目

気候・季節説 ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候なども適しています。また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えです。

3つ目

結婚解禁説 農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙 げるカップルが多く、その分祝福も多かったため、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という言い伝えです。

ではなぜ日本でジューンブライドが有名になったのか

それは、ヨーロッパでは気候のいい6月ですが、日本では梅雨真っ只中となる6月。昔の日本、まだジュー ンブライドという言葉が知られていなかった頃、全国のホテルでも梅雨時期である6月の挙式を避けるカップルが多く、式場はどこも閑散としたものでした。当 時は空調設備の能力も低く、現在ほど除湿なども十分ではありません。


困ったのはホテルの支配人たちです。梅雨時期の落ちる一方の売り上げ をどうにかしたいと考え、ヨーロッパの言い伝えに目をつけました。「ジューンブライドってあるんですよ」、「6月の花嫁は幸せになれるんですよ」と宣伝を し始めます。そして、そのロマンティックな言い伝えに共感する人々へ普及していったというわけです。

つまり日本では「企業戦略」から始まったのです

しかし、6月が結婚をつかさどる女神の月に変わりはありません

天候は操れませんが、雨が降ってしまってもきっと結婚の女神は祝福してくれているのでしょうね

結婚式をお考えの方はぜひブレス アス オール新宿店までご連絡ください

ブレス アス オール新宿店 山寺 03-5292-0880

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)