川辺

タキシード・礼服・紳士ビジネススーツの縫製工場直販

ノービアノービオ東京南青山店の代表、川辺友之です。

弊社のルーツは1952年に祖父・川辺友一が創業した羅紗屋。

1998年にその家業を継いだ3代目です。

大阪谷町にて、紳士服の縫製工場を営み、

毎日12名の職人が毎日10着縫製しています。


大阪梅田茶屋町と東京表参道に 直営小売店があり、
製造小売SPA業態で、フォーマルウェアを中心に 販売しております。

この【まちブログ】の運営者でもあります。

 東京の街をもっと盛り上げていくために頑張ります!!

 

 

 

 

 

 

全ては「コンセプト」を決めることから始まる。それは自分自身の中に潜在的にあるもの

それは2018年5月29日の夜、グランフロントGVHで主催した「まちカレッジ」セミナーでした。

東京のネット通販の勉強会でご縁を頂いた「デザインの研究所」さんの

須山社長と和田取締役さんにわざわざ、大阪まで来て頂き、セミナーをやって頂きました。

【コンセプトについて】
株式会社 デザインの研究所取締役/コンセプター 和田健司氏
・コンセプトとは?
・何故コンセプトが重要なのか?
・コンセプトが変えられること
・コンセプトの正しい理解
・コンセプトが生まれて育つまで
・コンセプトには寿命がある

実績から考察するコンセプトと企業運営について

 

参加者は54名!!

会場は50名でいっぱいのところで、ぎゅうぎゅうの熱気ムンムンでしたが、

和田さんの話の内容がよく、テンポもよく

和田さんの世界に皆さん、引き込まれていきました。

凄い良かったですね~

私自身、

紳士服メーカーの3代目で製造卸売業から製造小売業へ業態変更してきました

どうしても「卸売り」の感じが抜けず、

ブランディングやブランドの世界観を出せずに、壁にぶち当たっている今があります。

このタイミングで、次のステージに行くためのこの「コンセプト」づくりは

超大事なことだと気づきました。

その「コンセプト」は

もう一度、自分自身を見つめ、自分は何が好きで、何をしている時が楽しいのか

そこからスタートということ

第3者のコンセプターに診ていただかないと、気づかない「自分のこと」があると気づかされました。

 

アンケート結果も

・大変良かった・・・92%

・良かった・・・・・8%

という高評価でした。

まちカレッジアンケート デザインの研究所 コンセプト

「久しぶりに、というか近年まれに見るすばらしいセミナーでした。

conceptというより、人生に大切はもの哲学について教えていただいた

気がします」

という感動的なコメントも頂きました!!!

デザイン研究所 和田健司さん

和田コンセプト

もちろん、

前半の酒匂さんのスプラトゥーンを使ったランチェスター戦略SNSのセミナーも面白かったとの

声も多かったですね!!!

 

酒匂 スプラトゥーン ランチェスター戦略

 

まちカレッジという

中小企業むけのネット・SNS活用勉強会を

コツコツ続けてきて良かった~っと

しみじみ思います。

やはり、継続は力ですね。

今後も「まちカレッジ」やクラウドファンディングの勉強会をやってまいります。

是非ともご参加下さい(^◇^)

まちカレッジ 2018年5月~7月

クラウドファンディング 勉強会 アンバサダー

まちカレッジ」ホームぺージ

http://www.machicollege.jp

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)