45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

 両親の仕事を手伝う中、大阪の谷町、東京の芝、神楽坂において、レンタルドレスクチュールメゾンヒサコタカヤマ また神社結婚式のお手伝い和婚ネット運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社でのお手伝いしております。

平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となり。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に応援頂き、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

天孫降臨と神勅その1

天孫降臨は、天照大御神の孫、 天津日高日子番能邇邇芸命 (あまつひこひこほのににぎのみこと) が、天よりこの世に天降ることである。   天照大御神は、ニニギノ命に、勾玉、 八咫鏡、草薙剣の三種の神器を賜い、 「 […]

明治天皇御製

先日の中堅神職研修に参加させて   頂き、5日間明治神宮様の境内内 研修所にて4泊させて頂き、 神宮様の翠に囲まれての研修と禊 は、本当にエネルギーを頂きました。   朝拝、夕拝行事の際に、大前にて 読み上げさ […]

三献の儀(三三九度)の盃の持ち方

三献の儀(三三九度)の盃の持ち方 神前式の斎主をしている際、 注意したいポイントの一つに、三献の儀 の際の盃の持ち方になります。   神前式の本番において、緊張の新郎新婦様 三献の儀を緊張のピークの中で、進める […]

三献の儀(三々九度)とその作法

  三献の儀(さんこんのぎ・三三九度)   について、、、、   神前式の中において、その進行を   三部構成とすると、   第一部は、神職と巫女の部分 神様にお越し頂き […]

五百津真賢木(いほつまさかき)

五百津真賢木   (いほつまさかき)   に、木綿(ゆう)   紙垂(しで)取り掛け   手向くる(たむくる)   と神前式の挙式の祝詞で、奏上している。   […]

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑と言う本 ホリエモンさんと落合さんが 著者の本を読みました。 相変わらず読みやすいと言うか ホリエモンの本は、雑誌感覚に さあーと読んでしまえる本で、 良かったと言うかまだまだ 誰も10年後を予想は、難 […]

誓詞奏上(せいしそうじょう)誓いの詞とその作法

誓詞奏上(せいしそうじょう)について   神前式の際に、新郎新婦様が、神様 の前、ご神前において、誓いの詞 を述べることを言います。   先日の神前式の後に、実は、予め 神社や、式場において準備している 物=印 […]

メリアブーケ

メリアブーケ ってご存知ですか? 初めてこのブーケを知った時 から、「綺麗なー好きやなー」 という感想でいました。 今日の、ホテル椿山荘東京さん のブライダルフェアにおいて、 久しぶりにメリアブーケを見ました やはり、素 […]

東京パフェ学

東京パフェ学なる本を購入してしまった 最近疲れているのか、やけに甘い物が 食べたくなる、身体が欲している。 また、新店の神楽坂店の一階のパティシエ さんは、パティシエ100選に選ばれた 方らしく、それを探したくなって、本 […]

玉串(たまぐし)について

玉串(たまぐし)について、神様に祈りを 捧げる際に、玉串奉奠(たまぐしほうてん) という神事の動作があります。   真榊に紙垂と麻を付けたものを玉串として 使います。   これの由来を調べると、神籬( […]