45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

 両親の仕事を手伝う中、大阪の谷町、東京の芝、神楽坂において、レンタルドレスクチュールメゾンヒサコタカヤマ また神社結婚式のお手伝い和婚ネット運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社でのお手伝いしております。

平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となり。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に応援頂き、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

天孫降臨と神勅その1

天孫降臨は、天照大御神の孫、

天津日高日子番能邇邇芸命天孫降臨

(あまつひこひこほのににぎのみこと)

が、天よりこの世に天降ることである。

 

天照大御神は、ニニギノ命に、勾玉、

八咫鏡、草薙剣の三種の神器を賜い、

「これの鏡は、専ら我が御魂として、吾が前を

拝くがごとく拝き奉れ」(古事記)と述べられ

天児屋命、布刀玉命、天鈿女命などの神々を

お供にして天降られた。この天照大御神のお言葉が神勅になります。

日本書紀には、この神勅以外が伝えられている。三大神勅になります

 

〇 天壌無窮の神勅

豊葦原千五百秋之瑞穂の国は、是れ吾が子孫(うみのこ)の王たるべき地なり。

宜しくいまし皇孫、就きて治せ。さきくましませ。あまつひつぎの隆えまさむこと

當に天壌(あめつち)のむた無窮かるべきものぞ

 

◎ 豊かな葦原で秋になると沢山の稲穂が実る日本国は、私の子孫が王となり統治すべき地です。皇孫であるあなたが

これから行ってこの国を統治してきなさい。元気でいきなさい。天の日の神の子孫、皇室が栄えるであろうことは

天地と共に永遠で窮まりないであろう、永遠である。

 

子孫をうみのこと呼ぶのは、祝詞の中でも沢山出来てきます。私も大好きな言葉で

子、孫、そしてその子までずっと続いて行く、、良い表現と思います。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)