45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

 両親の仕事を手伝う中、大阪の谷町、東京の芝、神楽坂において、レンタルドレスクチュールメゾンヒサコタカヤマ また神社結婚式のお手伝い和婚ネット運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社でのお手伝いしております。

平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となり。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に応援頂き、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

三献の儀(三々九度)とその作法

 

三献の儀(さんこんのぎ・三三九度)三献の儀1

 

について、、、、

 

神前式の中において、その進行を

 

三部構成とすると、

 

第一部は、神職と巫女の部分

神様にお越し頂きお二人の

結婚式のご奉告を致します。

〇 修祓、

〇 祝詞奏上

〇 巫女舞

第二部は、新郎新婦様の所作の部分三献の儀2

お越し頂きました神様にお二人から

結婚の誓いを申し上げ、絆を作る部分

〇 三献の儀(三々九度)

〇 誓詞奏上

〇 玉串奉奠

第三部は、親族の部分

〇 親族固めの盃三献の儀3

となります。

 

この神前式の式次第の中で、

二人の行う神事、所作において

私が大切と思うものは、

お神酒(おみき)です、

お供えをしたお酒に、神様の

恩頼(みたまのふゆ)神様の

エネルギーの入ったお酒を頂くことです。

三献の儀(三々九度)において、大中小の三つの盃で新郎新婦が

交互にお神酒を頂きます。小盃は、お二人の過去ともご先祖への感謝

中盃は、お二人の現在、とも二人で力をあわせて生きる

大盃は、お二人の未来、とも一家の安泰とも子孫繁栄とも

意味を言います。

 

新郎様が、小盃をまずいただきます。作法として、盃を両手で受ける(盃の下に人差し指と中指で支え、盃の口は、親指で支えて持つ)

一献と言うのは三口で飲むとも三杯とも言いますが、神前式では、最初の二杯はお神酒を受けて、そのまま上下に二回させます

最後の三回目を口に持っていき、お神酒を頂きます。(お酒の苦手な方は、唇を盃につけるだけで良いです。また着物が重く、手が上がらない花嫁は、お酒の匂いを嗅ぐだけでも良いです。)あまり、手が上がらないからと口を盃に持っていくのはあまり美しくないです。

この小盃は、新郎様から始め、新婦様へ、中盃は、新婦様から始まり新郎様へ、大盃は、もう一度新郎様から始めり新婦様へ

古来の小笠原流などは、本式として、小盃を、新郎様から始まり、新婦様、そして新郎様へ、中盃は、新婦、新郎、新婦、大盃は、新郎、新婦、新郎と盃を交わしておりました。

 

三三九度の三は、この一つの盃を三杯いただき一献とする、そして三献いただき、九を作っている。

陰陽で言う、三は、陽の数字で、九は、その最大級の陽、最大級のプラスのエネルギーを新郎新婦様お二人が神様から頂くのです。

 

親族固めの盃においても、同じくこのお神酒をいただき、新郎側の家族に注いだお神酒は、新婦様へ、新婦様の家族に注いだお神酒は、新郎様に注ぎ、二人が縁で、新郎の家族と新婦の家族はお神酒で結ばれます。

大好きなシーンです。神前式は、意味が深くあります。

沢山の幸せな家族が出来ることを使命に頑張ります。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)