45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

 両親の仕事を手伝う中、大阪の谷町、東京の芝、神楽坂において、レンタルドレスクチュールメゾンヒサコタカヤマ また神社結婚式のお手伝い和婚ネット運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社でのお手伝いしております。

平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となり。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に応援頂き、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

五百津真賢木(いほつまさかき)

五百津真賢木

 

(いほつまさかき)真榊2

 

に、木綿(ゆう)

 

紙垂(しで)取り掛け

 

手向くる(たむくる)

 

と神前式の挙式の祝詞で、奏上している。

 

神前式の中で、新郎新婦が、結婚の誓いの詞

(誓詞:せいし)誓詞を奏上してから、玉串を

奉奠する。この姿を祝詞では、表している。

 

五百津(いほつ)の真賢木=真榊(まさかき)は、

古事記においての、天岩窟(あめのいわや)の話

天照大御神が、素戔嗚尊の乱暴が嫌になり、

天の石窟戸に隠れた時、世の中は、真っ暗になり、八百万の神々が、

天の安の河原に集い、天照大御神を再び石屋戸から出すために

「天の香山の五百津真賢木(いほつまさかき)」を掘り取って

上の方の枝に勾玉を取り付け、中程の枝に八尺鏡を取り掛け、

下の方の枝に木綿や麻布を取り付け垂らして、天児屋命(あめのこやねのみこと)が

祝詞を唱え天宇受売命(あめのうずめのみこと)が神懸かりしたとある。

 

私が、もっとも神々が、人間のと同じように、一緒に考え、

一緒に力を合わせて、困難に立ち向かう姿を現しているようで

大好きな場面になります。

榊は、年中青々と元気で、『常に栄える木=さかき』とも

『神と人間の境界にある木、境の木としてのさかき』

また、、神聖な木であると意味より『賢木』と呼ばれるように

なったようです。木綿、麻には、魂、や神が宿るとも言われ

玉串には、この榊の木に木綿や麻が付けられ、雷・清いを現す

紙垂がつけらて、

真榊や玉串は、神と人の架け橋のような、日本人が発明したすごい物と思います。

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)