45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

 両親の仕事を手伝う中、大阪の谷町、東京の芝、神楽坂において、レンタルドレスクチュールメゾンヒサコタカヤマ また神社結婚式のお手伝い和婚ネット運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社でのお手伝いしております。

平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となり。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に応援頂き、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑と言う本10年後の仕事図鑑

ホリエモンさんと落合さんが

著者の本を読みました。

相変わらず読みやすいと言うか

ホリエモンの本は、雑誌感覚に

さあーと読んでしまえる本で、

良かったと言うかまだまだ

誰も10年後を予想は、難し、、だけども

AIが活躍し、自動運転が活躍し、それをどのように

活用していくのか、、

仕事的には、日本人が戦後の高度成長の中で、

画一化的に教育を受けて、大企業に勤めて

大量生産、大量販売の中で、成長できた来た時代は、

終わりで、、

『世界が急速に小さくなり、これからは、日本のあなたではなく、

世界のあなたとして生きていかなければならないのである。周りの

顔色を見て自分を演じているようでは、当然「価値のない人間」になってしまう。』

と言う言葉、その通りだと考える。

 

各業種についても、それぞれ将来について書いてあるが、結論的には、

『あらゆる作業が機械化されていく未来では、人間にしかできない仕事の価値が

一層あがっていく。』

『好きなことに没頭していれば、他の人にない価値を手に入れることができる』

ここは、その通りだと感じた!

 

AIと人間、その違い、人間が、人間力を高め、人間対人間の中で、

人に役に立ち、人に心を通わせ、人に温かい人間。

 

新幹線を乗るのに、何か本でもと本屋に入り、ベストセラーを読むが、

自分がどのように、生きていくかは、自分自身でブランディングしていかないと

いけないと思う。それは、毎日、毎日の積み重ねで形成されていく。

日々、志を持って、前向きに、成長しようと生きていきたいと思う。

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)