45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

 両親の仕事を手伝う中、大阪の谷町、東京の芝、神楽坂において、レンタルドレスクチュールメゾンヒサコタカヤマ また神社結婚式のお手伝い和婚ネット運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社での撮影などもお手伝いしております。

平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となり。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に触発され、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

誓詞奏上(せいしそうじょう)誓いの詞とその作法

誓詞奏上(せいしそうじょう)について  誓詞 テキスト版

神前式の際に、新郎新婦様が、神様

の前、ご神前において、誓いの詞

を述べることを言います。

 

先日の神前式の後に、実は、予め

神社や、式場において準備している

物=印刷された文章でなく、しっかりと

自分達の筆で、

自分達の言葉で、

それも昔の言葉が良いのです。

と言う質問とご要望を頂きました。

 

式場であらかじめ用意している文章は、誓詞 品川神社

すこし現代語的な文章なので、その

文章よりは、もう少し、固いと言うか

古風な文面が書きたい。

ついては、参考になるものを頂けませんか

とご要望もされて、先日、私の持っている

中の誓詞を3つご参考にお渡ししました。

 

誓詞についてのこだわり、ご神前の神様への生國魂神社 誓詞

強い気持ちがある新郎新婦で感動しました。

 

その後、誓詞奏上の注意事項として、

一つは、誓詞を開ける際は、折りたたんである

誓詞に右手の親指を入れて、開くこと。

二つは、誓詞の紙の上の線と自分の目線の高さを

合わせて姿勢正しく、新郎の御名前まで読んで

下さい、新婦はご自身の御名前を申し上げてください

とお話させて頂きました。

三つは、読み終えた後は左手よりまき直し、机(案:あん)の上に置いてください。

とご案内しました。

 

右に掲載したのは、祝詞の教本のサンプルの誓詞

また、私の勤める品川神社のもの、私の地元の氏神様

生國魂神社様の誓詞です。とても綺麗な言葉になります。

 

誓詞には、夫婦それぞれが、敬愛の精神を持ち添い遂げること、子孫を繁栄

させること、祖先先祖に感謝すること、そしてどうか、神様にその恩頼

(みたまのふゆ)ご加護をいただけますように、お祈りしています。

とても美し詞と思います。

 

神前式には、この日本の美しい大和言葉が奏上されているのを

いつも感じて、心を洗われます。

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)