45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

大阪・天満橋、東京・新宿、ホテルシーサイド江戸川、新宿プリンスホテルにおいて結婚式のプロデュースをしているブレスアスオール。

東京の店舗を運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社での撮影などもお手伝いしております。

そして平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となります。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に触発され、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

この世界の片隅に

この世界の片隅の中でと言う映画をこの世界の片隅に

見ました。クラウドファンディング

で 作成されたと、話題もあり、見たい

と思っていましたが、なかなか映画館

には、行けず。

 

先日、iTunesの配信レンタルが

始まったので見ました。

 

広島出身の主人公が、呉市に 嫁ぎ、生活をしている中で、

第二次世界大戦に突入し、、

と言う映画。

 

幼年期、広島で兄、妹と主人公の三人兄妹の姿が

私の子供時代にダブり スイカを食べたり、

ケンカしたり 一緒に昼寝をしたり、親の仕事を

手伝ったり、兄は、長男として、下の兄弟に偉そう

だったりが、自分にダブり、懐かしさもあり、

妹にすごく逢いたくなりました。

逆に主人公の妹は、こんな感じだったのかと、

今頃第三者的に知りました。

 

嫁ぎ先での家事、戦時中の配給や、ドンドンと物資が

無くなり、道に生える草や、タンポポの根、

楠正成秘伝の戦時中の米を増やして食べる方法が、、

よくおばあちゃんに聞いたりもした事が、分かりやすい絵

で表現されていた、のが印象的でした。

 

焼夷弾、時限爆弾に主人公の右手と右手に手を

繋いでいた姪っ子を無くしてしまい、大好きな絵を

描くことも出来ず、嫁ぎ先の姉には、貴女に娘は、

殺されたと、罵られ、、左手片手での生活、、

その最後ドン底に原子爆弾が、実家の広島に落ちる。

本当に、人の人生を見させて頂いた。

 

人は、限りある人生の

 

時間の中で 何が出来る

 

のか?戦時中とは違い

 

豊かな、平和な時代に、

 

親は何を考え、何を子に

 

伝え、自分は、社会の中に

 

生きる、生かされている中、

 

何を社会に返すべきなのか?

 

沢山、考えさせられました。

 

映画の絵が優しくて、生々しい戦争が、厳しい戦時中が、

優しく伝えられている。

何もかも無くなった日本が、先人の 日本人は、

よく立ち上がり、よく現代迄復興して下さいました。

 

ガソリン車が、電気自動車に 変わって行く

松下電器が、パナソニックに 変わって行く

自動ブレーキ、AI、の時代をこれから日本は迎える。

 

でも人間、日本人の心の部分は、 暖かく、

親、家族、兄弟は、懐かしく、

大切なものを教えてくれる 映画でした。

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)