45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

大阪・天満橋、東京・新宿、ホテルシーサイド江戸川、新宿プリンスホテルにおいて結婚式のプロデュースをしているブレスアスオール。

東京の店舗を運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社での撮影などもお手伝いしております。

そして平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となります。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に触発され、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

顔合わせと結納

顔合わせと結納結納・顔合わせ

「顔合わせ」と聞いて何を想像しますか?

やはり結婚式の前に、自分の両親や兄弟姉妹を

結婚する親や兄弟姉妹と合わせる、顔合せを考えます。

その「顔合わせ」は、

もはや従来の結納の

役割までしている

のか?結納・顔合わせ2

従来は、「結納」をする前に両家の親同士を合わせ、結納含め、

結婚式の準備を前打合せする日この日が、「両家顔合せの日」でした。

「結納」は、新郎新婦が恋愛をして 結婚相手を自らで選び、

結婚の約束を行い、その約束したことを自身の親に報告

認めてもらう。その後、結婚式の当日までの間、二人が

作った両家の縁、婚約の約束を動かないものとする

ためのものでした。

「結納」は、新郎新婦二人だけでなく、新郎家、新婦家

の家同士の結婚式の約束を固い絆を作り上げます。

「結納の役割」は、やはり

両家の親が大切になります。

結納は、両家の間を繋ぐ

ものとして、花嫁を受け

入れる新郎側が婚約の印

としての結納金を持参し、

今まで新婦を育て上げられた

新婦親を労い、感謝する。

それが、結納なのです。

またその際には、実家を離れて

嫁ぐ決心をされた新婦への

歓迎と労いも大切です。

こんな役割の結納をせずに、初対面の両親が顔合わせとして、次に合うのは、

結婚式当日。これでは、両家価値観の不一致でもめる原因になりかねません。

『結納』という形が、概念が、親にも新郎新婦にも無いのであれば、

『顔合わせ』の役割を明確にした方が良いと考えます。

つまり、初対面の親同士と新郎新婦が一緒に会食(婚約会食会)を

行い次の事を話題として話を進めるべき思います。

『結婚の文化や価値観的なこと』具体的には、下記の通り

1.  挙式・披露宴のプラン

2.  招待人数や構成、日取りと式場決め

3.  結婚式費用について

4.  親の服装について

このあたりをしっかりと話合える機会がないと、

顔合わせの後になってそれぞれの家庭に戻り、親が心配をして

上記の内容を尋ねる相手は、息子娘である、新郎新婦になります。

二人が両家の間に立ち、文化や環境、両家の価値観の歩み寄りを

図ることになります。

これもマリッジブルーの原因の一つと言われています。

親は、親の役割として、恋愛結婚の二人を尊重しつつも

家として、これは大切というものを伝えましょう。

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)