45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

大阪・天満橋、東京・新宿、ホテルシーサイド江戸川、新宿プリンスホテルにおいて結婚式のプロデュースをしているブレスアスオール。

東京の店舗を運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社での撮影などもお手伝いしております。

そして平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となります。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に触発され、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

息子

息子川辺康文 ルームメイト

私には。息子が3人います。

その中で、中学2年生から一人

中高一貫校の寮生活の息子が

おります。

 

中学1年生の頃、千代田区の学区内の

区立中学に進みました。その1年生の

12月に、家族半日旅行として、川辺康文と夕飯

洋ちゃんの東国三社

「香取神宮(千葉県‎香取市‎)

鹿島神宮(‎茨城県鹿嶋市)、

息栖神社(茨城県神栖市)」

に家族5人で参加した時に

旅行中のバスから見える、田舎の子

茨城やったかな?その子供が

釣り竿を方に、自転車に乗り釣り

に出かけている同じ頃の年齢の少年

を見て、次男が、「いいなー」息子

と言う言葉を聞いて、

 

本当は、「ハリーポッターになりたい!」息子

と言い、そこから次男の全寮制の学校

を探したのです。

 

それで見つかったのが、鹿児島薩摩川内に

ある現在の中高一貫で寮のある学校

中学二年生の編入試験に合格して

鹿児島に一人中学2年生から来ました。

 

最初は、思いが叶って嬉しかったようです。

洗濯機も自分で回し、朝、昼、晩と寮のご飯また、サッカー部に入ったので、

毎日5kmから10kmのランニング、学校の中に住むわけですがから、休みもなく

寮、学校、部活で、よーー毎日頑張ったと思います。

 

今になり私は、次男に対して親として、なんか教えたのか?

自分に問いただすのです。

 

そんな息子の成長は、驚くほど、素晴らしく、、親離れをしております。

そんな息子との二人旅、正月以来7カ月ぶりに会う息子は、

いつになく、キラキラと輝いていました。感謝いたします!!

 

親は、これから何を教えたらよいのかな?

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)