45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

大阪・天満橋、東京・新宿、ホテルシーサイド江戸川、新宿プリンスホテルにおいて結婚式のプロデュースをしているブレスアスオール。

東京の店舗を運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社での撮影などもお手伝いしております。

そして平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となります。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に触発され、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

西陣織 着物研修

西陣織 着物研修を行いました。西陣織原版

西陣:これは、京都の堀川の西側、今話題の応仁の乱

の時代の西陣が敷かれたエリアとのこと。

西陣織の着物の対抗馬として、良く話題となる

友禅については、よく勉強したつもりで

あるが、西陣織の特に、刺繍についての

研修を今回行ったのである。

 

西陣織は、友禅同様に図の設計図とも言われる相良刺繍

紋図が作成される。その作成された、紋図に合わせ

経糸と横糸を形成、織りなしていくのである

紋図は、着物、西陣織の基礎となっている。

 

またその紋図において、織を進めていく

中に、刺繍が併用される。

良く耳にする、手仕事の最高級「相良刺繡」

である、奈良時代に仏像の羅髪(らほつ)=相良刺繍2

巻き毛の部分に使用されている

相良刺繡は生地の裏から糸を抜きだして結び玉を

作り、これを連ねて模様を描いていく技法。

非常に時間と技術を要します。とじ糸がなく

糸が引っかからないので、どの刺繍よりも丈夫です。

玉のように縫い込むことから別名を玉縫いとも呼ばれます。

光沢は、なく蘇州刺繍と同じ糸を使用しているとは

思えないほどのおちつきと上品さは、相良刺繍3

日本の着物には最高の技法とされています。

 

刺繍はりに通せない太糸や、金糸などを、

木製の駒(糸巻きの一種)に巻いて、それを

転がしながら刺繍糸を下絵に沿ってはわせ、

綴じ糸(とじいと)で留めていく技法。

 

なかでも金糸を使ったものを「金駒刺繍」と呼びます。西陣織刺繍2

 

刺繍の手間のかかる、技法で色とりどりの立体感のある

高級品が完成するのだと、勉強しながら感動し、

納得する。

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)