45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

大阪・天満橋、東京・新宿、ホテルシーサイド江戸川、新宿プリンスホテルにおいて結婚式のプロデュースをしているブレスアスオール。

東京の店舗を運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社での撮影などもお手伝いしております。

そして平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となります。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に触発され、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

祝詞勉強会

難波神社祝詞勉強会

現在、大阪の難波神社さんにおいて、年4回のペースで

祝詞勉強会を開催させて頂くようになりました。

これは、私の神主になるきっかけになった話にも

繋がりますが、私の中学生3年生の頃からさかのぼり

お話となります。

私の中学生の時代は、いわゆる『なめ猫』の全盛期で

誰もがヤンキーになるのが、いわゆる流行で、トレンドでした。

自宅が、アパレルということもあり、ファッション感度の高い私としては、

流行の先端として、ヤンキーの恰好をしておりました。

何事もやはり、形から、、

やがて、普通にヤンキーになってしまいました。

色々な事件をおこし、人生の再生ともいうべき、方向を示してくれた両親は、

1人の家庭教師を自宅にて、私につけてくれるようになりました。

この家庭教師の先生が、神主さんだったのです。

この家庭教師の神主先生は、ヤンキーが怖がるほどのやくざな神主先生で、

私は、すぐにあこがれる対象となってしまいました。

ヤンキーといえども、そこそこテストの点数が良い私は、家庭教師先生に褒めて頂こう

と勉強しました。

 

成績が、伸びたご褒美によく、南(なんば)の寿司屋さんに先生は、連れて行って

くれました。先生が、南を歩くと、人だかりにも道が出来る風貌だったので、

キャンキーの中学生は、本当にあこがれの先生でした。

この憧れが、やがて、自分の将来の夢となり、、「私も神主になる!!」と言うのが

その頃からの夢となりました。

家庭教師の合間に、自宅の神棚に月参りの御祈祷をしてくださった先生。

修行された、岐阜の御嶽山の祝詞本をいつもご持参されていました。

今思えば、やはり、御嶽山の神主さん、修験道にもつながる祝詞でした。

祓詞、大祓詞、六根清浄大祓、伊勢内宮神前祝詞、稲荷大神秘文、

祈念祝詞、家業繁栄祈願詞、龍神祝詞、そして、不動経、般若心経

まで、月参りの祈祷は、だいたい1時間は、これらの祝詞を上げておられました

いつも横にいて、母と一緒にお参りをさせて頂いた私は、やがて、自分で

これらの祝詞やお経を神棚に上げるようになりました。

真剣にルーティンワーク、日常の流れの中に、神棚の水を変えて、祝詞を

上げることが、習慣となり、それらをしないと、朝食をとれない、気持ちが悪い

となると、毎日普通に行うようになります。

20歳から、48歳までこれは、続いております。

出張先においても、自宅の方向にむかって行います。

 

やがて、これらの日常業務をすることが、自分では、自然でありましたが

一つの特徴となりました。その特徴は、人との縁が良いこと(自己判断ですが、、)

人との良い縁を、逢うべき時に、会う。遅くもなく、早くもなく。

 

これが良縁なのです。

 

人間の人生において、良縁程、お金に換えることのできない、貴重なものは

ありません。

それは。この祝詞にあると40歳になった時に感じました。

私の自己分析において、これらの奉唱してきた祝詞を厳選し、

そして4回に分けて、世に広めていこうと考えたのが、この祝詞勉強会です。

 

神様は、天津神と国津神に分けることが出来ます。

天津神に縁のある方

国津神に縁のある方

がおられる。

そして、この天津神と国津神を結ぶ龍神さんがおられます。

これらをすべて自分の味方につけて、ご縁を頂くのです。

 

人間は、皆、沢山の縁を頂いて生まれてきていますが、その縁や使命、宿命を

日常の罪穢れにおいて封印されているのです。

まずは、祓い、清め、生まれてきた使命、宿命の縁を呼び出し、その縁に深い

神様から人間の縁を結んで頂きます。その大切なタイミングに、遅くもなく、早くもなく

この縁が、人生の岐路に立った時、人間として生まれ育ったこの地球上で生命を全うする

時まで、縁が続きます。

人生を悔いなく全うするために、自分の頂いた使命、宿命は、自分自身でしか

理解も達成も出来ません。

 

その自分を知る為、自分を理解するために縁を頂く。

天津神、国津神を味方につける祝詞勉強会。

 

是非、ご気軽にご参加くださいませ。

 

次回5月14日は、超人気の龍神祝詞の勉強会、この祝詞の内容を理解し

そして自分の祝詞として、奉書紙に書写して頂き、持って帰って頂きます。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)