45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

大阪・天満橋、東京・新宿、ホテルシーサイド江戸川、新宿プリンスホテルにおいて結婚式のプロデュースをしているブレスアスオール。

東京の店舗を運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社での撮影などもお手伝いしております。

そして平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となります。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に触発され、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

創業の気持ち

創業の気持ちを思い起こさせてくれた。

今日は、朝から大阪へ向かい、今回の会社合併の手続き大阪での

お付き合いある銀行さんに行った。なかなか長い時間が掛かり

ちょっと疲れたーーと思いながら、大阪の家に帰る際、、

「あっ!パンクしてる。」

疲れていたが、久しぶりに乗った自転車

久しぶりにこいだペダルの感覚が嬉しく、また、

パンク!と何十年ぶりやーーと思う出来事が、嬉しく、

日頃歩かない、道をパンクの自転車を押しながら自転車屋さんを

探す。一件目の銀行に教えてもらった自転車屋さん

「すいません、、、これは、パンクですね。

パンクなら1400円、もしチューブまで交換なら3000円ですね。

ただ、すいません、今急ぎの修理が入ってまして、お預かりで

19時出来上がりなら、出来るのですが、、、」

「それは、あきまんせん、私東京に帰らないと、、」

「ほんだら、ここまーーすぐ、に空堀商店街まで行ってくれはったら、

右手に自転車屋さんあります。」

「ここ真っ直ぐですか?」

「はい。まっすぐいきはったらわかりますわ」

さっさと自分の仕事に戻りたいというモードで、引き戸が絞められた、、

自転車屋は、その視界には、見えず、しゃーないなー、けど、

行くしかないか、とまた、パンクの自転車をおしながら、坂道を上がる。

800mぐらい行ったか、1kmぐらい行ったか。

ここか、、と思う自転車屋があった。ヘルメットかぶった子供が

スイスイと自転車こぐのを優しいまなざしでみているメガネをかけた

男性に、「すいません。これ見てくれます?」

「あっ!パンクですね。」「わかりました。。」

どんどんと自転車を中に入れて、さっさと前のパンクのタイヤを自転車から

外し、車輪のチューブまで外す、めっちゃ早い!これは、上手いやっちゃ

とこっちは注意深くその鮮やかな手さばきに吸い寄せされる。

チューブだけにして。空気を入れて、水に入れて、ブクブクしている場所を

探し出し、白い油性で印をつけて、すこし表面を削って、

「これは私の独特の業ですねん、」といきなり、チューブに火をつけた!

「えええ!!」と言う私に、「皆さん、ええ!と驚きはりますが、表面

だけを焼きますと、このパンクのシールの付きがよくなります。」

「なるほど」「しかし、すごい技やなーーもう長いんですか?」

「いや、この道はいって1年半ですは、、」

「え!1年半で、こんなにすごい技持ってるん?」

「もともと自動車の整備士やっていたのですが、シンナーよーすうので、身体

おかしなって、どうしよか、、と思ってまして、ここのフランチャイズに入りましてん

ほんで、6カ月前にここ買取ましてん!」

「すごいな、」

「はい、周りからは、買取ることに、アホや、騙されて取るとか、色々言われて

のですが、、、母が、郵便局で、父が公務員で、兄弟は、銀行員やサラリーマンで

私だけが、こんな商売してますねん、ただ、ただ、不安なんですが、

この不安、不安定がなんとも言えませんねん。楽しいですねん。」

「母親には、公務員やったら座ってたら給料もらえるんやで、、」とか

言われましたが、この商売、不安な商売がなんとも嬉しんです。」

「この前も、乳母車押した主婦が来られて、ママトモにここのニーちゃんええで

と言われて、買いに来たよ、、やっぱりあんたええな、」と言われて

自転車を買うてくれはったら、涙出てきました、嬉しいて、、

 

これや、不安定やけど、商売が楽しいてしゃーないねん。

お客様に喜んでもらったらすべての不安が飛んで行って、嬉しくなる

これや!これが、創業の力や!!

まじでこの兄ちゃんと話してたら、俺も元気なってきたわ

今度買うときは、あんたから自転車買うな、といって家に帰った。

そうそう、自転車のパンク代なんぼや?

「500円です」

「ええええ!まじ?こんな凄い技も見せてもらって、こんな気持ちいい

接客にこんな熱い話聞かせてくれて、、、」

嬉しくなった私は、このようにブログに書いてしまっている。

これやで!大阪の商売人の気持ちよさ!

明日からまた頑張ります。

ありがとうございました。

 

  • なにわの突撃隊】 より:

    川辺先輩

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)