45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

大阪・天満橋、東京・新宿、ホテルシーサイド江戸川、新宿プリンスホテルにおいて結婚式のプロデュースをしているブレスアスオール。

東京の店舗を運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社での撮影などもお手伝いしております。

そして平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となります。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に触発され、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

世間虚仮(せけんこけ)の話

墓

祖父の13回忌でした。

もし生きていたら105歳、大東亜戦争後、

ロシアに抑留されて2年間。

日本に帰ったら、どんな商売を しようかと考えて、

辛くても自殺 せず、頑張って帰国したと

聞いた 事があります。

東大阪の八尾の農家に生まれ、 よく大根をリヤカーに

載せて大阪市内に売りに行ったと話を聞いた事も あります。

大阪市内に八百屋の店舗 を持ってとかも考えたかもしれません、

アパレル時代の私が、銀座、表参道に自分達の店を持ちたいと考えた ように、、

 

やがて、小学校を出て大阪市内の 羅紗屋の丁稚奉公をし、

東京支店で 大学の学生帽の生地を売り歩いたのも 聞きます、売り歩きながら、

早稲田大学や慶応大学の校歌を覚え、ダンスクラブでは、その大学の帽子を

かぶり校歌を歌って遊んだとも聞きました。

 

やがて、満州支店長として中国満州に赴任、戦争が始まり、祖母と伯母 父の姉が、

租界として日本に帰国して 祖父は、兵隊と召集された。

父を身ごもった祖母が、満州から 無事に日本に帰国出来たから、

私は今この世にいる。 また、ロシアの抑留から祖父が 帰国出来たから、

叔母や叔父が おり、私の従弟妹がいる。

 

凄い事です。 その祖父が、帰国後、生地屋を始め、 それも抑留中に考えた、

羅紗屋時代に一番安定して売ることが出来た黒の生地専門の生地屋を始めました。

昭和30年代の話です。 やがて昭和40年代、日本の高度経済成長期を迎え、

私の父を呼び戻し、 黒生地専門から、黒の紳士服専門 フォーマル専門の

アパレルになります。 この黒の生地屋が、黒の紳士服専門 になり。

フォーマルアパレルになり そのフォーマルの婦人服として、

母、妹が、ウエディングドレス専門 アパレルとなり、私は、そのフォーマル、

新郎新婦の衣装、タキシードとウエディングドレスを使って、

チャペル挙式会社を興しました。

 

現在は、挙式会社として、洋から和に 移っています。

チャペル挙式から 神前式のお手伝いの方が、今は多いです。

これらのすべての元、基礎を作って下さった祖父の13回忌。

父、叔母、叔父、私の兄弟が、集まりました。

法事の読経が終わり、御前より 聖徳太子の言葉『 世間虚仮 唯仏是真 世間虚仮』

とは、この世は全て授かってるんよ、

この空気のように、水中に入って初めて空気に囲まれていることを 知り、

感謝する。

寒い日に、あー寒いと頭をすくめ、 身体を小さくとして温泉まで行く、

湯に入り、あーーと身体を広げリラックスする、

その時に初めて、いい湯だな、この湯の効能は、とか、

湯から見える綺麗な景色に目が行く。 全て与えられているのに、

人は そこに目がいかす、頭で考えること も無く、感謝出来ない、

目に見えるものは全て架空である 仏のみが、真実である。

 

世間、目に見えるものだけにとらわれることなく、

目に見えない、仏の世界に本物がある。

感謝の言葉ですね、

 

ご先祖に恥じぬよう、明日からまた頑張ります。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)