45歳から神職になった男・神職社長 川辺徹の本気ブログ

中学二年生から神主に憧れ、六十歳になったら神職になろうと計画してきました。それが、結婚式・神前式のお手伝いをすることになり、予定より15年も早く神社庁より権正階と言う位を頂きました。私は、神道を宗教としてでなく、日本の美しい文化、生活習慣、作法と伝統として また日本人が自然と共存し、神を感じ感謝し、怖れそして祀り、生きていく美しさを世界に発信したい。
 神社や神道を勉強したい一般の方に、一般の方の目線に立ち、ご紹介できる立場になりたいと思います。
普段の生活において、手を合わせ、感謝できる時間と空間を持つことが、人間としての成長につながり、良きご縁を頂けることだと思います。!

大阪・天満橋、東京・新宿、ホテルシーサイド江戸川、新宿プリンスホテルにおいて結婚式のプロデュースをしているブレスアスオール。

東京の店舗を運営する株式会社BUAホールディングスの代表取締役 川辺徹です。

東京では品川神社、居木神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、湯島天神、赤坂豊川稲荷など、都内18の神社仏閣での結婚式をお手伝いし、大阪では御霊神社や大阪城内にある豊国神社での撮影などもお手伝いしております。

そして平成20年、品川神社の宮司との出会いが転機となります。
「そんなに熱い思いがあるなら、神職になれば」
という宮司の言葉に触発され、平成23年に大阪國學院の受験。
平成25年4月卒業を迎え、45歳にして神職となりました。

 

京都 友禅 秋山章先生の打掛に惚れ込む

京都 友禅 秋山章先生の打掛に惚れ込む

 友禅
和の結婚式のお手伝いが増え、着物 の研究をして
いくと、やはり、京都 友禅に辿り着く。

京都の北区にある先生のアトリエに お尋ねし、
私の人生においての 転機となる深いご縁を
頂いた、友禅 作家:秋山章先生。
花嫁の幸せを祈り、祈念して アトリエでの作品
の制作に入られる 先生は、本当に敬服致します。
着物には、大きく分類すると先染め と後染めの
二種類ある。
先染めは
、着物を機にて織る際に、 糸を先に染めたものを
織っていく物 有名なのは、西陣織りなどがある。
貝螺鈿の貝
後染めは、着物の機を先に白い絹で 織り、
駒塩瀬 羽二重に出来あがた 布に、手で絵を描く
着物。一着一着を 手作業で、絵を描くのが、
友禅の 着物である。
だから、それぞれが 芸術作品なのである。

金箔を貼る
友禅
また、貝螺鈿と言われる、貝の輝く 部分を貼る。
このような後加工の技術がかなりの 歴史の中で
創り上げられ、総絵羽の 友禅の打掛が出来上がる。
総絵羽というのは、絵に切れている ところが
ないもの。
つまり、一反の着物から先染の生地 を織り、
それを着物にすると、絵の 続きが、切れて
しまう場合があるが、
友禅の総絵羽は、それがない なぜならば、後から染めて、、
一枚の絵になるように作り上げるから である。
この工程を見る機会を得た。
感動した。本当に、貝の裏側の輝く 部分をつかい、
それを一つ一つ 柄に合わせて、手作業で生地に
貼っているのである。
友禅金箔
この芸術作品をどのように、新郎新婦 に
惚れ込んで頂き、着物の良さを理解 頂き、
結婚式当日の日にお召頂き 胸を張って、
披露宴を楽しんで 頂きたいです。
結婚式当日の花嫁、また花嫁のお母様 は、
ゲストの方が、特に新郎様の主賓の
お客様には、とても気にされ、どのように
披露宴中にご覧いただけるのかをすごく
心配されている花嫁様が多いです。
その花嫁を一層雅に輝かせるのが、
この友禅の色打掛、貝螺鈿の作品 です。
どのゲストも、初めて見る輝きに 歓声が上がります。
スタッフ一同心よりお待ちしております。
ご結婚誠におめでとうございます。
  • 長谷川 章 より:

    明日24日の娘の挙式で秋山先生の打ち掛けの着ることになりました。月曜日から私の家に掛けてあります。

    • tkのアバター tk より:

      長谷川様
      お嬢様、ご結婚おめでとうございます‼️
      お嬢様の新しい人生に幸多きこと
      心よりご祈念致します。
      おめでとうございます‼️

      川辺徹

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)