スタッフブログ

秩父のお葬式と家族葬 「友人葬」ってどんな葬儀

こんにちは。

 埼玉県秩父市と小鹿野町でお葬式のお手伝いをしています。

 終活に取り組む方を応援している会社

 
秩父の葬儀社むさしの宮前です。



先日、久しぶりに学生時代の友人と食事に行きました

みんなそろって言った事は、


『やっぱり、このメンバーが一番落ち着くね~』


年に数回しか集まれませんが、

これからもずっと大切にしていきたいです。





さて今回は、「友人葬」について書きたいと思います。





創価学会が友人葬を始めたのは、

1991年ごろとの事です。


友人葬には遺族と友人が集いあい、

法華経の方便品と寿量品の

自我偈を読み、南無妙法蓮華経の

題目を唱えて「まごころ」からの追善供養を行います。

 

とは書きましたがなかなか難しいですよね


実際の葬儀の式次第としては、

一般的な葬儀と大きく異なることはありません。



1.開式
2.読経・唱題
3.焼香
4.御祈念文・題目三唱
5.弔慰文・弔電紹介
6.導師挨拶
7.謝辞
8.題目三唱
9.閉式



友人葬の導師は、友人の代表(儀典長)が

行いますので、僧侶は呼びません。

また、故人様に戒名をつけません。


友人葬も色々調べてみると、勉強になりますね。



皆さんは、友人葬のお葬式に

参列したことはありますか???


すこしでも皆さんのお役に立てたら幸いです。

 

 

 ”むさしの会館”のLINE@はじめました!

 

お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

https://line.me/R/ti/p/%40musashino-kaikan

 

 

秩父の葬儀社「むさしの」の宮前でした。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)