スタッフブログ

秩父のお葬式と家族葬、スタッフメルマガは寒中見舞い

葬儀19年生のメルマガ
~19年間で1,000件のお葬式をお手伝いし、
お寺からも選ばれる「葬儀アドバイザー」がお伝えしたいこと~



皆さまこんにちは。
いつもありがとうございます。
秩父の葬儀社むさしの宮前です。



あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

皆さんにとってこの1年が、素晴らしい年になる事をお祈りいたします。


早速ですが、この度”むさしの会館”の
ーーーーーーーー
LINE@はじめました!
ーーーーーーーーーー

お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

https://line.me/R/ti/p/%40musashino-kaikan


ありがとうございます!!!


さて今回は、「寒中見舞い」について書きたいと思います。

喪中であることを伝え忘れてしまった方から年賀状が届いてしまいました(汗)

そんな時には「寒中見舞い」でご挨拶をする方法があります。


1年の中で小寒と大寒の時期を併せて寒中と言います。

暦によって年ごとに日にちは異なりますが、お正月明けから節分までがその時期にあたります。

 

dc5f35111606694bab2ec0129f15c4c0_s


今年(2018年)の寒中は、1月8日から2月3日までです。


※ちなみに、秩父ではこの時期を寒の時期と言って葬儀の後に
『お念仏』は行いません。


寒中見舞いは元々寒さの厳しい時期に親しい方を見舞う挨拶状です。

時期的に年賀欠礼の挨拶に丁度良いことから喪中ハガキを送れなかった方への代用として使われることが多くなったようです。

寒中見舞いで喪中であることをお知らせする場合の書き方ですが、特に決まった形はありません。

ただし喪中である事を知らせる場合は賀詞やおめでたい言葉は使わないようにしましょう。

また、年賀はがきが余っていたとしても寒中見舞いには使わないで下さいね。


少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです。


≪追伸≫

~むさしのいきいきクラブ~


1月は、『空き家・相続勉強会』を予定しています。


1/17(水)概要編

1/31(水)相続(不動産)

時間:13時30分~15時

場所:秩父のお葬式相談室


使っていないお家や相続。今からできる対策をお伝えします。


最後までお読み頂きありがとうございます。


秩父の葬儀社むさしの
葬儀アドバイザー

宮前 誠(みやまえ まこと)
info@musashino-life.jp
https://www.facebook.com/makoto.miyamae.50

株式会社むさしの
http://www.musashino.gr.jp

ブログ
http://tokyo.machiblog.jp/musashino/blog/

────────────────────
【紙でじっくり読みたい方へ「一期一会」】

お葬式のまめ知識、連載コンテンツ、
占いやクイズのコーナー、むさしのの最新情報など、
盛りだくさんでお届けしております!

http://www.musashino.gr.jp/entry_ichigo/

────────────────────
【ご協力のお願い】

読んでみていいなあと思ってくださった方へ
ぜひ「葬儀18年生のメルマガ」をご紹介ください。
(下記URLをご紹介ください)

http://musashino-life.jp/18nensei

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)