スタッフブログ

香典の表書きについて

葬儀18年生のメルマガ
~18年間で1,000件のお葬式をお手伝いし、
お寺からも選ばれる「葬儀アドバイザー」がお伝えしたいこと~



皆さまこんにちは。
いつもありがとうございます。
秩父の葬儀社むさしの宮前です。



先日、私も羊山公園「芝桜の丘」に

行って来ました!!!

実は毎年行っています。

お花を見ながら、秩父の美味しい物を

食べたり、飲んだりしながら

散歩するのが意外と好きなんです。

今年は、ミューズパークに車を停めて

無料シャトルバスに乗り、観光気分で

楽しんできました。

ありがとうございます!!!



さて今回は、「香典袋」について

書きたいと思います。



まずお香典とは、死者の霊前に

そなえる香に代わる金銭を言います。



一般的には、「御霊前」という封筒を

良く目にしますね。

葬儀に行く際、もし宗教がわからない時は、

「御霊前」と書いて持っていけば

どんな宗教でも使えます。

a00c4110ecd7000823f6c5b84a0b47cc_s



でも実はお葬式の宗教によって

表書きが異なりますので、

知っておくと良いと思います。



仏式は、「御霊前」「御香典」

神式は、「御神前」「御玉串料」

キリスト教は、「御花料」「献花料」

などと言われています。


また、住所・氏名・金額を

書くことをお勧めしています。


氏名・金額はもちろんですが、

なぜ住所が大事かと言うと、

故人様だけしか知らない友人や

職場などですと、ご家族の方がみても

全く分からない事があります。


お礼や、法要などで招待したい時に

ご家族としては、責めて住所があれば

連絡が付くと思います。


もっと言うならば、香典を出すときに

「たぶん施主様は私の事は知らないだろう」

と思ったら、故人様との関係

(高校の同級生・職場の同僚・友人など)

も記入しておくと、なお親切かと思います。




皆さんは、香典袋に

住所は記入してますか???


少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです。




≪追伸≫

皆さんご存知の事かもしれませんが、

年金の支給は、2、4、6、8、10、12月で

多くの金融機関が15日頃となっています。


また、4月に支給される年金は2、3月分

6月に支給される年金は4、5月分です。


私が葬儀後のお客様サポートの年金で

注意しているのが、提出が遅れると、

年金を多く受け取りすぎることとなり、

後でお返しいただく場合があることです。


先ほどの例でいうと4月分は2、3月分

ですが2月末に亡くなった場合は4月に

支給されるのは2月分のみとなります。


ところが手続きが遅れれてしまうと

4月に3月分も振り込まれてしまう

可能性があり、後日3月分を

返還しなければなりません。



詳しくは日本年金機構のページを確認ください。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/kyotsu/20140731-01.html



という事で、

年金を受けている方が亡くなったときは、

すみやかに提出してくださいませ。




最後までお読みいただきありがとうございます。






秩父の葬儀社むさしの
葬儀アドバイザー

宮前 誠(みやまえ まこと)
info@musashino-life.jp
https://www.facebook.com/makoto.miyamae.50

株式会社むさしの
http://www.musashino.gr.jp

ブログ
http://tokyo.machiblog.jp/musashino/blog/

ご遺族安心館
http://anshin-kan.com

感謝ギャラリー
http://kansya-gallery.com


────────────────────
【ご協力のお願い】

読んでみていいなあと思ってくださった方へ
ぜひ「葬儀18年生のメルマガ」をご紹介ください。
(下記URLをご紹介ください)

http://musashino-life.jp/18nensei

────────────────────

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)