スタッフブログ

ホテルシーサイド江戸川ブライダルサロンです。

台風で3分の2が(T_T)な9月の3連休でしたね。

でもあと2週間ちょっとで10月の3連休!

好天に恵まれますように!(^^)!

 

さてさて、そんな秋の婚礼シーズン。

披露宴で流すBGMには新郎新婦様のセンスが問われたりもしますので・・案外馬鹿にはできない・・というよりも、結構振動選曲作業になったりもします。まぁ、懐かしや!とか、これ思い出の・・とかで、遅々として進まない・・・という類ですけれど”(-”"-)”

で、ついうっかり、からも外してほしいこの1曲

THE POLICE  「EVERY BREATH YOU TAKE」邦題『見つめていたい』

見つめていたい

EVERY BREATH YOU TAKE    あなたの息遣い

AND EVERY MOVE YOU MAKE  あなたの動き

EVERY STEP YOU TAKE     その一歩までも

I’LL BE WATCHING YOU     私は見つめていたい

・・・と、まぁ、愛し愛されてますね~( ^)o(^ )~なラブソングかと思いきや・・・

ポリスのフロントマンでこの曲を作ったスティングは、最初の離婚のとき奥様に向けた思いを綴った歌だそうで・・

本人曰く、嫉妬や監視、所有権を歌った、ぞっとするほど不快な曲なのだそうです。

(優しく、とか、微笑ましく)見つめていたい・・ではなく、お前を常に監視しているぞ・・的な・・「ストーカーソング」だったりするのです( ゚Д゚)

THE POLICE

ですが、英語圏の国でもウェディングパーティーのBGMに使われてしまっているそうで、作った本人は苦笑い・・

名曲であるには違いないのですが、伝える側と受け取る側の食い違いが世界一大きい迷曲・・ですかね(>_<)

 

 

 

 

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ホテルシーサイド江戸川ブライダルサロンです(^ω^)

結婚式を挙げる二人が、その記念に結婚写真を撮影する。現在では当たり前のように行なわれていることですが、日本でこの習慣はいつ頃から始まったのでしょうか?

 明治時代、西洋の写真撮影技術を習得した写真館が、近くの和装美容師と提携して、結婚式の記念として挙式した夫婦やその家族の写真を撮影するようになりました。これが、日本における結婚写真サービスの始まりと言われています。

明治時代の婚礼写真

しかもこの頃は、当時の結婚の主流であったお見合い用の写真撮影も始まったので、これらはウエディング産業の起源でもあるわけです。

大正時代の婚礼集合写真

昭和初期には、ホテルで披露パーティをするという、現代のホテル・ウエディングの原型のようなスタイルの婚礼も、料亭で披露宴を行なうという現在の結婚式場の原型も、すでに登場していました。

昭和16年婚礼写真

第二次世界大戦後、そのような結婚式場に「写場」と呼ばれる撮影スタジオが併設されるようになりました。さらに1970年代になるとホテルでの挙式・披露宴が増えてきたので、地元の有名写真館がホテルの中に写場を設置するようになりました。

 こうして、結婚写真サービスが現在のような形で定着するようになったのです。

新婦衣装は引き振袖、新郎衣装は紋服か軍服。燕尾服は戦後に主流となりました。

 

昭和20〜30年代の婚礼写真

ホテルでの結婚式が主流であった昭和30~40年代に、婚礼写真は「型」と呼ばれるポーズ物が主流になりました。生涯残る写真であるがゆえに「きちんとした」「品良く」「威厳のある」写真は婚礼写真の王道といえます。

写真師は長い年月をかけて、婚礼写真の「型」を作り上げてきました。 若い世代はカビ臭い写真として揶揄する傾向がみうけられますが、そのひと人だっていつまでも若いわけではありません。 何十年か先になって最後に残るのは、きちんと撮られた記念写真なのです。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

戦場カメラマン。というお仕事をご存知でしょうか。

戦地を撮影する報道写真家のことです。

日本人戦場カメラマンに一ノ瀬泰造という写真家がいました。

一ノ瀬泰造1

一ノ瀬泰造  1947年 佐賀県武雄市生まれ。

1972年からフリーの報道写真家として約二年、バングラデシュ、ベトナム、カンボジアの激動地帯を撮影。

1973年11月「地雷を踏んだらサヨウナラ」の言葉を残し、軍事支配下のアンコールワットに向かい消息を断った。

 

2年に満たない戦場カメラマンとしての活動の中で、カンボジアで友人の結婚式を撮影した写真があります。

砲の宴

「砲の宴」とタイトルつけられた結婚写真。

破壊と殺戮が茶飯事の現実の中での結婚式。

どんな現実にさらされていても、人は未来を大切な人と築いていこうと思うのでしょう。

結婚式を行うという意味を考えさせてくれ、勇気ももらえる。

この「砲の宴」はそういう1枚だと思います。

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2001年9月11日(現地)朝、アメリカ合衆国内にて4機の旅客機がハイジャックされ、2機はニューヨークのワールドトレードセンタービルに、1機はバージニア州アーリントンにあるアメリカ国防総省本庁舎に激突・炎上。そしてもう1機はペンシルバニア州ピッツバーグ郊外に墜落。

死者・行方不明者は3,000名を超え、ニューヨークのビル崩壊での救済作業等にあたった警察官・法執行官の健康被害による死亡は2016年8月現在で110名。作業者の28%が粉塵等による肺機能への異常が認められているそうです。

9.11

あれから16年が経ちました。

グラウンド・ゼロと呼ばれるビルの跡地では今も献花に訪れる足が絶えることはありません。

ground zero2

ground zero1

テロリズムはそのものを忌むべきものではないかと思います。

確かに言葉だけでは、話し合いだけでは解決できない問題はあることも事実です。

だからといって、何の関係もない人々を巻き込んで、命を奪う行為にほんの僅かの正義もありません。

憎しみが憎しみを招くだけです。

でも、その憎しみの連鎖は、やはりなくなることのない問題なのですよね。

2015年11月フランス、パリでの同時多発銃撃テロ。2016年7月同ニースでのトラックテロ。今年5月イギリス、マンチェスターでの自爆テロ。そして8月のスペイン。バルセロナでの自動車テロ・・

世の中は難しいです。

幸い日本では今のところテロ行為での事件は起こっておりませんし、今後も起こってほしくはないですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

秋晴れの葛西臨海公園!ほほに当たる風が気持ちよい(*^-^*)

こんにちは。ホテルシーサイド江戸川ブライダルサロンです!

これから結婚式をする方々の中には前撮りをしようか迷っている方も多いのではありませんか?

結婚式の前撮りは別撮りとも呼ばれ、結婚式当日とは別日に結婚写真を撮影することを言います。

衣装は和装やウエディングドレス、タキシードなど正装で行うことが多く、ヘアセットやメイクなど本番さながらに行います。

結婚式当日は、様々なセレモニーや、ゲストへのご挨拶、中座など行わなければならないことがたくさんあり、落ち着いて写真を撮れないことがありますが、前撮りであればゆったりと落ち着いて、美しい写真を撮ることができます。

お嫁様には成人式の前撮りと夜明け前から支度をした成人式当日を思い出して頂ければ、分かり易いと思います(^ω^)

他にも前撮りを行うメリット

結婚式当日とは違う衣装の写真が残せる。結婚式当日ウエディングドレスしか着ない場合、和装での結婚写真を撮ることができます。

HotelSeasideEdogawaWedding5

ペットなどと一緒に前撮り写真を撮ることもできます。ペットも大事な家族ですけれど、当日一緒にいることができる会場はまだまだ多くありませんから。

HotelSeasideEdogawaWedding2

衣装合わせをはじめ、ヘアメイクや化粧のリハーサルも兼ねることもできますし、結婚式当日までに準備が間に合うように前撮りしておけば、結婚式当日の受付にウェルカムボードとして飾ったり、生い立ちムービーで使用するのもよいでしょう。また、結婚式当日だけでなく、年賀状や結婚報告のはがきを出す際にも活用可能です。

HotelSeasideEdogawaWedding4

前撮りの種類はスタジオ撮影、ロケーション撮影の2つ。
スタジオ撮影は屋内のスタジオで前撮りを行う方法です。室内で行うため、撮影日を天候に左右されることなく、ドレスやヘアメイクが汚れてしまうような心配もありません。
また、ロケーション撮影は、屋外で行う前撮りのことです。

ホテルシーサイド江戸川でのスタジオ撮影はホテル館内のロケーションも利用した特典撮影付き(@_@)

HotelSeasideEdogawaWedding6

ロケーション撮影は葛西臨海公園でのここ東京(?_?)と思ってしまう写真が残せます(‘◇’)ゞ

HotelSeasideEdogawaWedding1

ホテルシーサイド江戸川ブライダルサロンでは9月17日18日24日に婚礼相談会を催しております。
モチロン前撮りのご相談も承っております(‘◇’)ゞ
お問合せは 03-3804-1015 まで^^

 

 

 

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ホテルシーサイド江戸川ブライダルサロンです!(^^)!

ようやく晴れた!・・って、大きく伸びをしたくなるような爽やかな週末。

今年の7月には九州北部豪雨・・

8月は観測史上最も日照時間短い8月だったそうで・・東京では21日、仙台では36日連続降雨・・

で、季節は秋の長雨を迎えております”(-”"-)”

ですがフランスには結婚式にまつわるこんな言い伝えがあるそうです。

Mariage pluvieux mariage heureux !(雨の日の結婚式は幸福をもたらす)」何故なら新郎新婦一生分の涙を天(神様)が代わりに流してくれるのだから!

ということのようです。

日本でも慈雨(恵みの雨)という言葉がありますね。

雨の日はチョット残念な気分になるかもしれませんが、幸福をもたらす恵みが天から降りてくる、のです。素敵なジンクスですね(*^-^*)

雨の日

ホテルシーサイド江戸川ブライダルサロンでは9月17日18日に婚礼相談会を催しております。

24日の相談会は予約一杯になりました。ありがとうございますm(_ _)m

お問合せは 03-3804-1015 まで^^

 

 

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブーケとはフランス語で「bouquet」と綴り 「花束」 全般を意味します。

日本ではブーケというと花嫁様が持つお花を連想しますね。

厳密には違いますが、ほぼほぼそれでも良いのではないかと思います(*^-^*)

お花を英語でフラワー(Flower)、お花屋さんはフラワーショップ(Flower shop)。

因みに、フランス語でのお花屋さんは「フルリスト(fleuriste)」。

日本の日常会話でブーケが頻繁に使われるのはウェディングくらいでしょうから、和製英語のように和製仏語・・・かな(=^・^=)

で、このブーケの由来には諸説ありますが、 19世紀のヨーロッパのようで、当初は花嫁の花とされていた “白やオレンジの花” でつくった花冠を頭に載せていたそうです。

白は純潔を表す色” “オレンジはたくさんの実をつけることから子供に恵まれる” という理由からだそうです。

ブーケのルーツは “花冠” だったのですね(@_@)

ブーケ

時は経ち、20世紀に入ると婚約した男性から婚約した女性に毎日花を贈る行為が流行となったそうです。
それがいつしか形を変え、結婚式の朝、花婿から花嫁に花束が贈られるようになったそうです。
この逸話がブーケの始まりみたいです(#^^#)

また、男性が女性にプロポーズする際、自らの手で野の花を摘み、それを束ねて愛する女性に結婚を申し込んだそうです。
「Yes」であれば、女性はその花束の中から一輪抜き、返事と共に男性の胸ポケットにそっと差し込むのだそうです。

こんなエピソードも、ブーケ誕生の由来とされています。

 

 

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

結婚式で花嫁が4つのものを身につけると幸せになれるというサムシングフォー伝説

1、サムシング・オールド 何か一つの古いもの

2、サムシング・ニュー 何か一つの新しいもの

3、サムシング・ボロウ 何か一つの借りたもの

4、サムシング・ブルー 何か一つの青いもの

この習慣の由来はイギリスの古い詩にあるとのことで、マザー・グースを由来とする説明が書かれていることもあるようですが、諸説あり!だそうです(*^-^*)

そしてこの4つのサムシングの詩の最後に『そして靴の中には6ペンス銀貨を(and a sixpence in her shoe.)』とあるのだそうです(^ω^)

この6ペンス硬貨は1967年に発行が終了している英国の古い硬貨です。

サムシング(何か)ではないので、日本ではついうっかり漏れてしまっていることもままあるようですが、英国ではウェディングだけでなく、クリスマスにはクリスマスプディングに入れてそれを食べた人に幸せが訪れるとか!(^^)!

また、お守り代わりに持ち歩く人も多く、誕生日のプレゼントなどにも人気があります。

女優の大島優子さんがコイントスを受け取ったり、ケーキの中にコインを見つけたり、といったCMをご存知の方はピンとくるかも・・ですね(*^-^*)

6ペンス

夏の終わりのこの時期にクリスマスは話題が早すぎますが・・・

年内に挙式を・・と、お考えの方々、一度ホテルシーサイド江戸川に婚礼相談に来てみて下さい。

9月は17日、18日、24日に行ってます(‘◇’)ゞ

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

いよいよ秋の婚礼シーズンに入ります。

テレビやラジオのマスメディアでは6月のジューンブライドばかりを特集しますが、9月~11月の秋のシーズンは涼やかな気候でジューンブライドに負けていません・・・ってか、秋の方が人気高くない?とも思えます。

ホテルシーサイド江戸川でも秋婚礼のお客様との打ち合わせが進んでおります(=^・^=)

衣装、料理、テーブルコーディネート、引き出物、etc、etc、(@_@)

新郎新婦様にとっては大変ながらも楽しい作業であって欲しいです(^ω^)

そんな色々決めましょうの中のひとつ、披露宴のBGMについて、今回は書かさせて頂きます。

題して、選んじゃいけないウェディングソング(”_”)

『The End of the World』スキーター・デイヴィス

end of the world 1

1962年12月に発売され、世界中で大ヒット!翌1963年3月にはビルボードチャート2位になったそうです。

ものすご~く素敵なメロディで彼女の歌声も素晴らしい名曲です。

大ヒットの翌年1964年には早くもブレンダ・リーというシンガーがカバーしています。

end of the world 3

で、何故にこの名曲がウェディングソングに不向きなのかといいますと。

この歌は親しい人と死別したときの気持ちを歌ったのだそうですよ(T_T)

end of the world 4

↑↑↑の歌詞を和訳すると

『なぜ鳥たちはまだ歌い続けているの?

なぜ星は空で輝いているの

知らないのね これが世界の終わりだってこと

世界は終わってしまったの あなたが「さよなら」を告げた時』

ちょっと聞くと失恋の歌の様ですが、作詞者は14歳の時に父親の死に際してこの詞を書いたらしいです。

それが、何故か日本語タイトル(邦題)で『この世の果てまで』となっております。

ブレンダ・リーのカバーでの時の邦題も『この世の果てに』

この邦題と素晴らしいメロディーによって、この世の果てまであなたと一緒・・・的な解釈をされて・・・

某ウェディングソングCDにも選ばれてしまった悲劇の名曲に・・・(-_-;)

確かに『この世の終わり』とか『世界の終わり』とかの邦題ではヒット曲にならないだろうし、邦題を考えた方々からしてみれば結婚披露宴で使われるなんて考えてもいなかったでしょうから・・ね。

J-POPでも失恋ソングやそうでなくても歌詞に「切れる」「別れる」等の言葉が入っている曲は披露宴BGMとしてはNGとされています。

披露宴のBGM選び。洋楽のお好きな方々、要注意ですよ(*^-^*)

 

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ラッピングバスってご存知ですか。

車体に広告が張り付けて(ラッピングされて)あるバスのことです。

まんまですが・・・(-_-;)

そのラッピングバスのホテルシーサイド江戸川ヴァージョンが葛西エリアを走行しております!(^^)!

ラッピングバス1

こんな感じでラッピング広告されたバスです。

ラッピングバス2

後ろから見たらこうです(^ω^)

 

2月末まで葛西から臨海町エリアを走行しているとのことです。

ホテルシーサイド江戸川で結婚式、フォトウェディング、この秋の七五三撮影や成人式の前撮り等をお考えの方で、ラッピングバスを写メして持ってきてくださったお客様には、何かプレゼントでもしちゃおうかな?・・・ってくらい気合入れての広告です!

お出かけの際、危険のない範囲でバスウォッチしてみて下さい(=^・^=)

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)