スタッフブログ

ブーケ

ブーケとはフランス語で「bouquet」と綴り 「花束」 全般を意味します。

日本ではブーケというと花嫁様が持つお花を連想しますね。

厳密には違いますが、ほぼほぼそれでも良いのではないかと思います(*^-^*)

お花を英語でフラワー(Flower)、お花屋さんはフラワーショップ(Flower shop)。

因みに、フランス語でのお花屋さんは「フルリスト(fleuriste)」。

日本の日常会話でブーケが頻繁に使われるのはウェディングくらいでしょうから、和製英語のように和製仏語・・・かな(=^・^=)

で、このブーケの由来には諸説ありますが、 19世紀のヨーロッパのようで、当初は花嫁の花とされていた “白やオレンジの花” でつくった花冠を頭に載せていたそうです。

白は純潔を表す色” “オレンジはたくさんの実をつけることから子供に恵まれる” という理由からだそうです。

ブーケのルーツは “花冠” だったのですね(@_@)

ブーケ

時は経ち、20世紀に入ると婚約した男性から婚約した女性に毎日花を贈る行為が流行となったそうです。
それがいつしか形を変え、結婚式の朝、花婿から花嫁に花束が贈られるようになったそうです。
この逸話がブーケの始まりみたいです(#^^#)

また、男性が女性にプロポーズする際、自らの手で野の花を摘み、それを束ねて愛する女性に結婚を申し込んだそうです。
「Yes」であれば、女性はその花束の中から一輪抜き、返事と共に男性の胸ポケットにそっと差し込むのだそうです。

こんなエピソードも、ブーケ誕生の由来とされています。

 

 

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)