スタッフブログ

「変身」奥田耕大

長いかなと再三悩み、必死の思いでブログの文量を短くしたら、「なんか物足りなくなったね」と言われました、どーも奥田です。

私にはもう正解が見えません。笑

 

 

先日、サタデー担当「土曜日の女」こと、希山さんがブログで特撮ヒーローのお話をしておりました。

おっしゃる通り、私も特撮が大好きでして。

ですから今回は私も、”ヒーロー”についてなんかをひとつ。

image

 

写真はウルトラマンの生みの親、金城哲夫さんの書斎にて。

2年前まで毎年沖縄に公演のため行っていた私は、毎回ここを訪れていました。

この写真は、3年ほど前の写真だったかな。

 

 

私は、幼い頃から仮面ライダーになりたい一心でした。

写真まで出して、ウルトラマンじゃないのかよ!と突っ込みたくなるところですが。笑

しかしまあ、改造人間になって、平和の為に悪の怪人と戦いたかったのです。

敵のアジトから救出した人たちに「気をつけるんだよ」と声をかけ、颯爽とバイクに跨がりたかったのです。

画面を見ながら、変身ポーズをしっかり決めていました。

今でもその気持ちは忘れていません。

だから誰か私を改造して!

変身ポーズはいつでもできるから!

 

ですが、まだ私は改造されていません。

バイクどころか車の免許も持ってません。

どうしたんでしょう。

今の私はこう思っています。

役者になって、お客さんの為に面白い芝居がしたい。

見に来てくれた人たちに「ありがとうございました」と叫んで、颯爽と幕中へ消えていきたい。

舞台やアニメの映像を見ながら、同じ台詞を大きな声で真似する。(そして隣人に怒られる)

 

そう、やってることは変わってません。

変わらないのです。

ただ対象がちょっと違うだけ。

私は、役者は見ている人一人一人のヒーローだと思うのです。

というか、みんなのヒーローたり得る為に、私は役者になったのです。

 

やっぱり僕の原点は、特撮ヒーロー。

どんなに舞台を好きになっても、どんなにアニメをたくさん見ても、それは変わらないのです。

役者として、一人の人間として、見てくれる皆さんの”ヒーロー”になりたい。

だから私は今日も、”ヒーロー”へ変身するのです。

そして心の中で、叫ぶのです。

変身!!!

 

 

 

ではでは、ごきげんよう。

@kosokoso_okdi

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)