スタッフブログ

☆シャンシャン☆イッキ

2014なめくじライブ

(なめくじ劇場ミニライブにて。右から菊地理恵ちゃん、亀岡孝洋さん、私)

ある日の黄昏時。

いつもの二人で歩くいつもの帰り道。

見慣れた風景・・・ん?

いや、見慣れぬ風景が!

 

いつも立ち寄るコンビニで

いや、コンビニはいつもと同じ。

その風景は店内でのこと。

 

そこにボロボロの服を着て

ちょっと鼻にツ~ンとくる香りの

一瞬「仙人なのかな?」って勘違いしてしまうような

そんな人がいたんです。

 

いや、店内にいるだけなら全然いいんです。

全く問題ないんです。

ただ、その男

ドリンクコーナーからお酒を取り出しその場で飲んじゃってるんです。

まだ支払い済んでないのに。

そして、よ~く見ると

高めのおつまみも開けちゃってるし

空き缶が一つ転がっている。

2杯目!

どこまで自由なんだ!

 

私、友人に

「あの人、お金払うつもりかな?」

と聞きました。

すると友人

「いや~、持ってなさそうだな。」

店内は女性スタッフ二人だけ。

男性スタッフや店長はいない様子。

 

私と友人は

「あの人、勝手にお酒飲んじゃってますよ。」

と二人の女性スタッフに伝えました。

だけど二人とも困り顔。

どうやら分かっているけど、怖くて注意できない様子。

 

私は

「一声注意して来てください。逃げ出したら外に出たところで取り押さえます。」

と言いました。

 

きっと、あの男は逃げ出すに違いない。

私は格闘の末に男を捕まえる。

そして

「今日は俺が立て替えるから、もうこんな事するなよ。」

と男を逃がしてやる。

財布からお金を出し女性スタッフに渡す。

おもむろに立ち去る私。

すると

「せめて、お名前を」

と女性スタッフのどっちかが聞いてくる。

私は簡単に名前と何ならメアドも教えちゃう。

ムフフ。

 

そんな筋書きを頭の中で描いていると。

ふいに警察官が店内に入ってきました。

きっと誰かが通報したのでしょう。

 

警察官は男に近づき

「お父さん、これ全部空けちゃったの?お金払った?」

「・・・(首を振る)」

「じゃあ、とりあえず払おうか?」

とレジに連れて行きました。

すると男はあっさりズボンのポケットから5000円札を一枚出したんです。

「なんだ~持ってるんじゃない。最初からレジで払わなきゃ駄目だよ~。」

とその場はシャンシャンと丸く収まりました。

だけど私は複雑な気持ちでした。

私、

 


財布に1200円しか入ってなかったんです。

 


私より持ってた・・・。

それに、おつりから察すると

1200円じゃ足りなかった・・・。

夕陽の優しさが、その日はやけに沁みました。

 


さてさて、明日はアクロスの真夏の太陽!

瞬間リアライズさんで~~~す。

また来週~~~。

イッキ

 

 

亀岡孝洋さんの何気ない一言を紹介する

~今週のカメ言~

2014亀岡12

 

「なに言ってるのよアンタ。それじゃ駄目よ~~。」

 


※飲み会で女の子に相談されたときなどに扮するキャラ

「カメママ」が必ず言う枕詞に似た一言

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)